第8話 「100%の女」相棒15見た?【ネタバレありの感想】

今回、ちょっと右京さんやりすぎなんじゃないの?

って思っちゃった。

右京さんの自分の信念を曲げない姿勢が好きだったんだけど、

そんな細かいことで

一人の女性の人生を変えてしまうようなことをするなんて。

それが正しい行動なのか正しくないことなのかよりも、

人の気持ちを考えて行動できる人のほうが

大事なことだし、

人間として尊敬できると思っちゃった。

 

 

TV asahiで毎週水曜の夜9時放送の相棒15 第8話 「100%の女」みんな見た?

 

続きを読む

第7話 「フェイク」相棒15見た?【ネタバレありの感想】

今回の相棒は、意外なというか、ちょっとビックリするお話でしたね。

そして、安達祐実が演じた被害者の母親が

かわいそうというか、

もし、私も自分が同じ立場だったら、

なんて考えさせられちゃうお話でした。

 

 

TV asahiで毎週水曜の夜9時放送の相棒15 第7話 「フェイク」みんな見た?

 

まずは話のあらすじです

2人の男の子が誘拐され一人が遺体で発見された
もう一人の人質を救うため特命係が動き出す!

 世田谷西署の管轄内で誘拐事件が発生。行方が分からなくなっていた小学生の男の子2人の内の一人、翔太(黒澤宏貴)が遺体で発見された。捜査に潜り込もうと捜査本部にやってきた右京(水谷豊)と亘(反町隆史)は、署で遺体を確認し、茫然自失のまま帰路についた翔太の母・美奈子(安達祐実)の姿を見かける。特命係を捜査から遠ざけたい伊丹(川原和久)は、美奈子を自宅まで送るよう頼むが、右京はその役割を亘に任せ、自分は本部に足を向ける。青木(浅利陽介)の機転で本部に潜り込んだ右京は、青木から事件の概要を聞く。誘拐されたのは、広斗(寺内勇貴)という小学生で、犯人から両親に3億円を要求する電話が掛かってきたという。それから10時間後の朝、翔太の遺体が発見されたのだが、本部では犯人の目的は家庭が裕福な広斗だけで、翔太は巻き込まれただけと見ていた。一方、帰宅途中の美奈子に追いついた亘は、彼女が不意に一人で笑い声をあげている姿を目撃。さらに、アパートまで送っていくと、部屋に入った彼女が子供と話している声が聞こえる。翔太と2人暮らしだったはずなのに、なぜ? その頃、本部には犯人から身代金の受け渡し方法を知らせる電話が掛かってきていた。本部では、いったん犯人に身代金を受け取らせ、尾行してアジトを突き止めるという方針を決定。翌日、本部は身代金を指示された場所へ運ぶ広斗の母・有里(木下あゆ美)の周囲に万全の体制を敷き、受け渡しの時に備えていた。そんな中、右京は犯人の行動にある疑念を抱いていた。

二手に別れた特命係。亘がマークする被害者の母親に不審な動きが…!?
一方、右京は誘拐犯と極限の頭脳戦を繰り広げ、人質救出に全力で挑む!
最悪の状況から始まった誘拐事件は、驚がくの結末を迎える!

ゲスト:安達祐実 木下あゆ美

公式ホームページから引用→http://www.tv-asahi.co.jp/aibou/contents/story/0007/



どうやってまた子供を普段の生活に戻す気なの?

安達祐実が、自分のアパートで子供と話したりしているのを見て、

ずっと、そう思ってました。

だって、警察で死体を確認したのに、

実は生きてました。

あの死体は、もう一人の子のでした。

ってことでしょ?

 

「給食費、遅くなってごめんね」

っていってお金を渡したときも、

(学校戻れるの?

もう、二人でどこかに逃げるしかないんじゃないの?)

って思ったり。

 

そして、(安達祐実はどんなふうに誘拐に関わっているんだろう?)

って、不思議に思ってました。

だって、自分の子だって誘拐されてたわけだし。。。

いや、それはお金持ちの子を誘拐するための、何かの偽装だったのかな?

とか。

 

それが、まさか安達祐実が自分の子の死を受け入れられなくて

妄想の世界に生きていただなんて。。

 




自分だったらってみんな考える

子供が巻き込まれる犯罪や事故って、

本当に悲惨ですよね。

 

いつもニュースを見て、もしこれが自分だったらって

考えてぞっとしたりします。

そういうことってみんなありますよね?

 

今回の相棒も、

安達祐実現実逃避をしていてというか、

ちょっと狂っちゃって、

子供が生きているって思いこんで、

幻覚まで見ちゃってたけど、

自分だってそうなっちゃうんじゃないかって思った。

 

そう思って、すごく怖くなった





右京さんは頭脳戦

誘拐犯と対決っていうか

犯人逮捕に貢献したし、

冠城は安達祐実のことをずっと見張っていたんだけど、

なんか二人は今回影が薄かったなぁ

安達祐実の独壇場な感じもした、今回の相棒でした。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

相棒15の3話よりも前の感想はこちら↓

http://fanblogs.jp/sukisukisukisuki/category_3/

です。

相棒のネタバレありの感想やその他のドラマやアニメ、映画の感想を書いています。

どうぞよろしくお願いします_(_ _)_

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

ブロトピ:今日のブログ更新

ブロトピ:テレビドラマの感想を更新したらここ!

第6話 「嘘吐き」相棒15見た?【ネタバレありの感想】と、柳生みゆさんについて

相棒ってたまに漫画家が登場する話を作るよね。

1シリーズに1回くらい?

そんなじゃないかな?

でも、ちょこちょこ見る気がします。

今週の相棒も、漫画家さんが出てくるお話でした。

嘘吐きの漫画家さん(柳生みゆ)ですが、とてもかわいかったです ^-^

 

TV asahiで毎週水曜の夜9時放送の相棒15 第6話 「嘘吐き」みんな見た?

 

まずは話のあらすじです

女流漫画家の隣室でバラバラ殺人が進行中?
しかし、彼女自身が犯人の可能性も浮上して…!?

証拠品の返却で所轄署を訪れた亘(反町隆史)は、アパートの隣室で殺人事件が起きたかも知れないと訴える女流漫画家の夏音(柳生みゆ)と知り合う。聞けば数日前、隣室から激しく争う音が聞こえたかと思うと急に静まりかえり、その後元々住んでいた地味で背の高い女性を見かけなくなり、彼女とはまったく印象が異なる、派手で小柄な女と、その恋人と思われる男が、ノコギリを部屋に持ち込む姿を目撃したという。さらに、見知らぬ中年男女が毎晩のように出入りしているという。夏音は、バラバラ殺人を疑って所轄署に相談に行ったのだが門前払いを食らい、たまたま通りかかった亘が話を聞いたのだった。興味を持った亘は、さっそく右京(水谷豊)を巻き込んで調査に向かう。しかし、アパートの大家は、隣室の女性に変わった様子はないと証言し、夏音が騒音トラブルで言い掛かりをつけているのではないかと疑う。右京と亘は、逆に夏音が女性を殺害して遺体を隠しているため、その恋人らが揺さぶりを掛けるために、今回の件を仕組んだのではないかと推理する。さらに、亘が夏音の出身地に出向いて過去を調べたところ、学生時代から虚言癖があったことが判明。そのせいか、東京にも馴染めず、引っ越しを繰り返していたことが分かる。果たして、誰が真実を言い、誰が偽証しているのか。右京と亘は、捜査一課からも情報を得ながら、事件関係者の身辺を改めて調べ始めるが…!?

犯人は虚言癖のある漫画家か、怪しいカップルか、それとも…
部屋に出入りする謎の中年男女の秘密とは!?
真実と嘘が入り混じった“バラバラ殺人事件”の真相とは!?

ゲスト:柳生みゆ 諏訪太朗 小林峻 菊地美香 土居志央梨

公式ホームページから引用→http://www.tv-asahi.co.jp/aibou/contents/story/0005/



この漫画家の女の子(柳生みゆ)、どこかでみたことあるなぁ。。

そう思ってちょっと調べてみました。

柳生みゆさんのプロフィール

1990年10月20日生まれの26歳

身長は156センチ、

大阪出身、

ヒラタオフィス所属の女優さん、

公式サイトはこちら→Miyu Yagyu Official web site

(参考:wikipedia→ https://goo.gl/2ZmefE)

 

タレントスクールを経て、子役としてデビューして、

10歳の時に、「風の絨毯」(2003年)という映画で主演をしたそうです。そして賞も受賞してそれから映画やテレビに出演するようになったんだそうです。

「ピチレモン」という雑誌の2002年10月号でモデルデビューも果たし、2011年には、NHKの連続テレビ小説「カーネーション」
でヒロインの妹役を演じました。

【15時までのご注文で即日発送!】【中古】ピチレモン 2002年 10月号 [雑誌]

私はカーネーションを見ていたのですが、尾野真千子さんが主演をして、けっこう面白かったですよね。

だから、どこかで見たことあるなぁって思ったのかぁ、、と納得しました。

さらに連続テレビ小説連続テレビ小説 「あさが来た」
でヒロインの義弟の妻役で出演、

織田裕二主演のオープンハウスCMにも出演 ↓

カーネーション以外は私は見たことがるものがなかったのですが、

映画もドラマもけっこういろんな作品に出演しているし、

CMもいくつか出演していますね。

私はちょっと知らないのですが、

ビズリーチというCMのスタンバイ「地図で仕事が探せるアプリ」篇に

出演し、柳生みゆさんの「スタンバイ完了」のセリフが話題となったそうです。

You tubeの検索ではこのCMが出てこないんですよね。




ちょっとしたホラーミステリーのようで面白かった

さてさて、ここからは本題の相棒の感想ですが、

今回のお話は、ホラーテイストなお話

ちょっと怖かったですよね。

でも、その怪談風味なストーリーが

また面白かったです ^-^

 

最初のシーン、深夜に漫画を描いていたら

隣の部屋がうるさくなってきた。

隣人の男女が喧嘩をしているみたい。

「うるさいですよ!」

と怒鳴って壁を叩いたら、

壁の向こうからびっくりするくらいの

衝撃が返ってきた!

それは、男女の口喧嘩ではなくて、

殺人を想像させるものだった。



しかも、次の日から、

隣の男性は見かけるけど、女性は見なくなった。

それどころか、違う女性が、隣の家の住人に成り代わってしまった

のこぎりやトンカチも買ってきていた。

 

も、隣で殺人が起こって、

死体をバラバラにして隠すためにのこぎり買ってきたんじゃないの?!!Σ(゚Д゚)

としか思えないような状況!

 

しかも、夜な夜な現われる謎の夫婦。

大家も隣人の犯罪を隠ぺいするかのように、

口裏を合わせる始末。

 

こんなの実際に怒ったら、

恐くてたまらないよね。

 

口封じに自分も殺されるんじゃないのかって

考えただけでも、恐ろしい。。。

 

隠された横領事件と、殺人未遂

でも、ただの痴話げんかじゃないのは相棒なんだから

当たり前ですよね。

じゃあ、なにがあったんだろう?

 

漫画家の女の子は虚言癖があったっていうけど、

今回は本当のことを言っているようだし。。

 

漫画家の女の子の部屋は事故物件だったっていうので、

私は、この部屋に何か隠してあって、

隣の部屋から壁に穴をあけて

それを盗もうとしているのかな?

と最初に思いました。

 

そして、だんだんと捜査が進むにつれて、

いなくなった女性が6000万円のお金を横領した

らしいというのが分かると、

(なるほど~、そのお金が隠してあるのかぁ)

と、思ったのですが、

ここで、疑問が。。。

(あれ?なんで隣に住んでいたのに、漫画家の子の部屋に隠すの?)

ていうか、横領した女のひとを

お金目当てで殺しちゃったんだったら、

横領したお金は手元にあるはずだし

あの夜中にやってくる夫婦や大家はどう絡んでくるの?

 

って、逆に疑問がたくさんわいちゃいました。

 

やっぱり、相棒の話は一筋縄ではいきませんよね ^^

まさか、あんなお話があっただなんて。

 

そして、最初から殺人なんてなかったなんて。。

 

あの大家さんは本当にバカですよね。

みんなで隠したお金を使いこんじゃって、

さらには殺人未遂まで。。

 

漫画家の女の子が殺されなくてよかったし、

虚言癖もあって、田舎にいられなくなったあの子が、

東京で初めての友達が出来て

めでたしめでたしだなぁって感じでした。

 

でも、あれ?

あの院している子、会社のお金を横領したんだから、

逮捕されちゃうんじゃ?

でも、余命あとわずかだし、

実際に使い込んだのは別の人だから、

実刑にはならないのかな?

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

相棒15の3話よりも前の感想はこちら↓

http://fanblogs.jp/sukisukisukisuki/category_3/

です。

相棒のネタバレありの感想やその他のドラマやアニメ、映画の感想を書いています。

どうぞよろしくお願いします_(_ _)_

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇





ブロトピ:今日のブログ更新

ブロトピ:テレビドラマの感想を更新したらここ!

第5話 「ブルーピカソ」相棒15見た?【ネタバレありの感想】

今週も面白かったなぁ、相棒 ^-^

8年前に消えた絵画の謎と殺人事件

ミステリードラマにぴったりの題材だよね ^-^

 

前は米沢守がいなくなって、

面白みが減ったって思ったけど、

だんだん慣れてきたからなのか、

そのへんは気にならなくなってきたし、

相棒がもともと持っていた、ストーリーの良さが

そのぶん強調されてきたような気がする!

 

 

TV asahiで毎週水曜の夜9時放送の相棒15 第5話 「ブルーピカソ」みんな見た?

 

まずは話のあらすじです

転落死を遂げた画家の死因は自殺か他殺か?
数十億円の絵画“ブルーピカソ”が事件を呼ぶ!

ある休日、右京(水谷豊)が亘(反町隆史)と訪れていた絵画のオークション会場でちょっとした騒ぎが起こる。出品されていた三上史郎(斉藤陽一郎)という画家の絵画に、三上自身が「こんな駄作に価値はない」とオークションを拒否する騒動を起こしたのだ。その夜、三上が歩道橋から転落死する。伊丹(川原和久)たち捜査一課は、自殺と他殺の両面から捜査を開始。すると、画家としての三上の育ての親といわれるオークション会社の社長・磯田(坂西良太)と三上の間に確執があったことが判明する。事件に興味を持った右京は、亘と共に磯田の会社を訪れる。すると、磯田と社員の貴和子(森尾由美)が言い争う声が耳に入る。聞けば、持ち込まれた“ブルーピカソ”の真贋鑑定で意見が対立しているという。ブルーピカソとは、友人の自殺を目の当たりにしたピカソが、青い絵の具で暗いタッチの絵ばかりを描いていた“青の時代”と称される作品群のことで、持ち込まれた絵画が偽物だという磯田に対して、貴和子は本物の可能性が高いと主張しているという。実は、その持ち込まれた絵画というのが、いわく付きの作品で、8年前に贋作とすり替えられ、ずっと行方不明になっていたものらしい。そんな中、三上が転落死する直前、歩道橋で何者かと争っていたという目撃情報が飛び込んでくる。さらに右京は、すり替え事件の舞台となった画廊で、三上がかつて個展を開いていたことを突き止めて…!?

8年前のブルーピカソすり替え事件と
画家の不審な転落死に意外な関係が…!?
特命係が名画をめぐる時を超えた因縁に迫る!

ゲスト:森尾由美

公式ホームページから引用→http://www.tv-asahi.co.jp/aibou/contents/story/0005/



まさかブルーピカソが最初から存在しなかったとは

みんなは 誰が犯人か? とかって予想できました?

私は、やっぱりあの磯田ってオークション会社の社長かなぁ?

とか、古澤と貴和子が昔愛し合っていたって知った後は、

貴和子が怪しいなぁ とか、

でも、最後には、

クラウンって喫茶店のオーナーかなぁ?

なんて、的外れな予想をしたりしていました ^^;

 

まさか、8年前のブルーピカソ発見自体が、

最初から詐欺事件としてでっち上げられたものだったとは

夢にも思いませんでした。




ミステリーと絵画の盗難事件って相性がいいよね

 

相棒って刑事ドラマだけど、

刑事たちが一丸となって捜査したり、

犯人と戦ったりするドラマではないよね。

 

雰囲気的には探偵ものっぽい感じだし、

右京さんの知性や、

洞察力が魅力的なドラマだし、

それと、今回の絵画の盗難事件って

ぴったりの題材で、ストーリーの面白さを

引き立ててくれたよね! ^-^

 

今思えば、前回の詐欺師だけど憎めない男の話も、

相棒には相性の良いテーマだったなぁって思う。

 

面白キャラたちがいなくなっても、

一番の魅力だった相棒の秀逸なストーリーが

楽しめれば、それだけで充分面白いドラマだよなぁって

再確認した気がします。

 

観終った後に、

(面白かったー!)

ってなるのって、やっぱり気持ちがいいよね。




あれ?そういえば、今回は青木が出てこなかったね。

見ていた時には気づかなかったけど、

感想書いてて、今思い出した。

。。。

好きじゃないって思ってたけど、

やっぱり出てこないとちょっとさみしいな。。w

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

相棒15の3話よりも前の感想はこちら↓

http://fanblogs.jp/sukisukisukisuki/category_3/

です。

相棒のネタバレありの感想やその他のドラマやアニメ、映画の感想を書いています。

どうぞよろしくお願いします_(_ _)_

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

ブロトピ:今日のブログ更新

ブロトピ:テレビドラマの感想を更新したらここ!

第4話 「出来心」相棒15見た?【ネタバレありの感想】

今週の相棒!特に面白かった気がする!

風間杜夫演じる平井という詐欺師の男が良かったからかな?

最後の杉下右京と詐欺師の男の話も

面白かった^-^

TV asahiで毎週水曜の夜9時放送の相棒15 第4話 「出来心」みんな見た?

 

まずは話のあらすじです

詐欺師の男がひったくりを撃退してヒーローに!?
同じ頃、一人暮らしの若い女性を狙った殺人事件が発生して…

詐欺師の平井(風間杜夫)は、地域住民の悩み相談に乗る“青空らくだの会”という団体を装い、美人局で金をせしめていた。その日も、会社員風の男をまんまと陥れ、金を下ろさせるために一緒にコンビニのATMへ。そのさなか、女性がひったくりにあっている現場に遭遇。一旦は「取り締まるのは警察の仕事」と、立ち去ろうとした平井だったが、女性の悲鳴に反応し、体を張って犯人から荷物を取り戻す。同じ現場に居合わせた右京(水谷豊)は女性を保護。しかし、そのどさくさに紛れて会社員風の男が逃げたため、平井も後を追って走り去ってしまった。右京と一緒にいた青木(浅利陽介)は、とっさに一部始終を撮影してSNSで公開。その動画は、“消えたヒーロー”としてすぐ話題になった。

そんな中、都内のマンションで若い女性の絞殺死体が発見される。伊丹(川原和久)たち捜査一課は、一か月前にも同様の事件が起きていることから、同一犯による連続殺人の可能性を視野に捜査を開始する。一方、右京は、「お礼を言いたい」というひったくり被害者からの頼みで、亘(反町隆史)と共に走り去った男を捜すことに。早速、現場付近で捜索を始めた2人は、ひょんなことから“青空らくだの会”の事務所にいた平井と知り合う。平井から妙な雰囲気を感じ取った右京は、警察関係者であることを伏せて言葉を交わすが…!?

特命係と詐欺師が、奇妙な“化かし合い”で対決!!
人生相談を装う団体と絞殺事件の接点とは…
右京と亘は、巧妙な罠を見破り、罪を暴けるのか!?

ゲスト:風間杜夫

公式ホームページから引用→http://www.tv-asahi.co.jp/aibou/contents/story/0004/



ちんけな詐欺師だけど、魅力的な男

 

美人局で詐欺師だし、

大した男じゃないんだけど、平井って男と、

その妻(じゃないけど、事実上、妻だよね)は

面白いキャラだったよね!

 

今回初登場なのに、

ちょっと好きになっちゃいました。

どこに魅力があるのかなぁ?なんて思ったけど、

やっぱり、自分の仕事に誇りをもってるからかな?

(仕事っていうか、犯罪だけどw)

それと、やっぱり根は悪い人じゃないからなのかもね。

 

最後に、子供のころの思い出を語るシーンは、

ちょっとベタだけど、

うるっおさせられちゃいました。

 

犯罪者でも、こんな小さな男でも、

かわいくて、お母さんの言うことをよく聞いて、

良い子だった頃があったんだなぁって。




新キャラの青木がちょっとだけ好きになってきたかもw

今回、青木がちょっとだけ面白いって思えましたw

あの、詐欺師の奥さんに相談して、

最初は愚痴っていうか、

女性に対する不満と蚊文句ばっかり言っていて、

その時は、めんどくさい男だなぁ…

やっぱり嫌な奴だなぁ。。。

くらいに思ってたんだけどw、

最後には奥さんの誘惑に負けて、

押し倒しちゃったシーン。

あの時、ちょっと面白かったよねww

なんか初めて人間らしいとこ見た気がして、

ちょっといいじゃん、青木

って気持ちになりました。

 

やっぱり毎週見てるとだんだん好きになって往ったりするのかな?

そういえば、ドラマの最初のシーンで、

一瞬、右京さんをチェスで負かしたかのような感じだったとき、

(えー!右京さんが負けちゃったの?!)

ってビックリしました。

でも、最後には、右京さん立て直したみたいで、

(あ、やっぱりね。)ってなったけどw

私はチェスやらないのであんまりわからないけど、

あんな状況って実際あるのかな?




青木以外の新キャラ達のやり取り

そういえば今回、新キャラ?なのかな、

鑑識の恐そうなおじさん。

伊丹刑事にいろいろ聞かれて、

「一通り終わってからにしてくれねぇか?!(怒)」

みたいな感じで怒ってたねw

強面の伊丹刑事がおされちゃってて

面白かったですw

 

それと、詐欺師の平井

「刑事ってのはもっと疑り深いイヤーなめをしてるからよ」

ってセリフを言った後に、

場面が変わって、

伊丹刑事が出てきたところもちょっと良かったな(笑)

 

段々と、相棒の面白い面がまた復活してきた気がするね!

相棒ファンとしては嬉しいよね♪

これからの相棒にまた期待です ^^




◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

相棒15の3話よりも前の感想はこちら↓

http://fanblogs.jp/sukisukisukisuki/category_3/

です。

相棒のネタバレありの感想やその他のドラマやアニメ、映画の感想を書いています。

どうぞよろしくお願いします_(_ _)_

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

ブロトピ:今日のブログ更新

ブロトピ:テレビドラマの感想を更新したらここ!