「未解決の女」2話目【ネタばれありの感想】

tv asahi の木曜ドラマ「未解決の女」、皆さん見てますかー?


——————————————–
Amazonなら→「未解決の女」 警視庁文書捜査官 DVD-BOX
———————————————
楽天なら→  未解決の女 警視庁文書捜査官 DVD-BOX [ 波瑠 ]

IT企業の社長令嬢誘拐事件12年前の未解決の誘拐事件がリンクした今回のお話、面白かったねー。

前回は2つの事件がごっちゃになっちゃった私だけど、そんな私でも今回の話はついていけましたw

おかげですごく楽しめたなー。

それに、12年前の誘拐事件の被害者の主婦、坂下菜々美(高岡早紀)が、かわいそうでかわいそうで、最後の時は同情してちょっとウルウルきてしまいました。

まずは2話目のあらすじを、公式HPから引用です。

 

大手IT企業社長令嬢が連れ去られ、1億円もの身代金を要求される誘拐事件が発生する。早期解決を目指す捜査本部は、各部署から人員をかき集め体制を強化。「特命捜査対策室」からも第6係の刑事・矢代朋(波瑠)が招集される。誘拐されたのは中学生の幸田遥花(畑芽育。犯人が電話で、父親・幸田雅也(戸次重幸に遥花の声を聞かせたとき、遥花は「かもめ」とだけ口にしたという。まるで意味が分からない朋だが、その一言は文字フェチの同僚・鳴海理沙(鈴木京香)に12年前のある未解決事件を思い出させることに…! それは主婦・坂下菜々美(高岡早紀)の娘・芽以が誘拐された事件。実は当時、芽以も今回と同様に「かもめ」という言葉を発していた――。

まもなく身代金の受け渡し役に任命された朋は、雅也の秘書に扮し、指定場所に赴く。ところが犯人の指示で方々を走らされた結果、自慢の体力があだとなり、本物の秘書でないことが犯人に露見! 身代金はまんまと誘拐犯の手に渡り、人質も解放されないという最悪の事態を招き…。

一方、理沙は「特命捜査対策室」の室長・古賀清成(沢村一樹)から、犯人と雅也の通話解析を命じられる。そんな中、朋は先輩刑事・草加慎司(遠藤憲一)から、12年前の未解決事件の詳細を聞くことに。その事件は、今回の誘拐事件と奇妙な共通点を持っていただけでなく、理沙を人嫌いにさせる原因にもなっていて…!?

 

ここから先は私の感想です。(ネタバレ有りなのでまだ見ていない人は注意ですよ)

続きを読む