EP17「ドロイドと友情」 スターウォーズ反乱者たち/シーズン2 見た?【ネタバレありの感想】

「スターウォーズ/反乱者たち シーズン2」のEP17「ドロイドと友情」  みんな見た?

チョッパーって、ドロイドの中でも一番やんちゃで人間っぽいよね!

今回はチョッパーが大活躍の回でしたね!

スターウォーズのドロイドの中でも、

私はチョッパーが一番、

性格が人間らしいなぁって思うんだけど、みんなはどうかな?

それに、あのアームの動きが、

すごく人間の腕みたいで、

好きなんだよね ^^

最初に、あらすじをちょっと載せますね。

新しい脚の部品を手に入れたチョッパーは<ゴースト>のクルーとはぐれ、帝国の船に迷い込んでしまう。気分屋のアストロメク・ドロイドが出会ったのは、帝国の目録係を務めるドロイドだった。果たして彼は味方なのか、敵なのか?

参考:WOOKIEEPEDIA  → https://goo.gl/dZj1MX



~累計24万通!!夢と想像を拡げる!『キャラクターから届く手紙』~
「好き」という気持ちを大切にして、やる気を引き出したり、勇気づけたりすることができる、世界で1通の手紙が届きます。
人気のあるキャラクターが、【誕生日プレゼント】【入園・入学・進級祝い】【クリスマスプレゼント】や【その他の応援やお祝いなど】に名前で呼びかけて励ましてくれます。

人気キャラクターから【クリスマス】に手紙が届く

足のパーツを盗んで、さらには帝国の船まで盗むなんて!

ドロイドなのに、足のパーツが欲しくて、

泥棒しちゃうし、

さらにはそのせいで、

うっかり仲間に置いてけぼりされちゃうなんて、

ドロイドとは思えないような行動をした

チョッパー(笑)

 

さらには帝国の船にも乗りこんじゃうし、

これは絶体絶命なんじゃないかと思ったんだけど、

船の中でも大暴れして、

ストームトルーパー達や

帝国の嫌な兵士も倒しちゃって、

大活躍でした。




ドロイドにも感情があって、友情が芽生える!

今までのスターウォーズの話の中にもたくさんあったけど、

ドロイドにも感情があって、

友情が芽生えたりするんだよね。

 

R2D2とアナキンの友情は特に

有名だよね。

 

だけど、帝国の船の中のドロイドは、

有能なのに、ひどい扱いを受けていて

 

それでも、自分はドロイドだから、

命令を受けたらそれに従うのが

当たり前だって自分で思い込んでいたね。

 

チョッパーが昔ヘラに助けられた話をした時も、

このドロイドは、

「誰がドロイドなんかを助けるんですか?」

って驚いていたね。

ドロイド自身も、自分たちの存在や

感情を認めていないなんて、

時代や世の中のせいなんだろうけど。。。




ドロイドだって、人間に負けず劣らず

自分というものがあるのに、

可哀想だよね。

 

だけど、このドロイドも、

チョッパーとかかわったことで、

彼のことをかばったり、

「敬服します」

なんて言葉を言ったりして、

だんだんと人間らしくなっていったね。

 

最後には、チョッパーと自分を友達だと

認めて、その友情に応えるべく、

命を懸けて、

安全な座標を伝えてくれた。

今回は感動的な回だったなぁ ^-^

 

最後には、彼の命も助かって、

ちょっとホッとした。

目を覚ました彼は、

感謝の言葉を述べるどころか、

チョッパーに憎まれ口なんか叩いたりしていて、

より人間らしくなってたねw

彼はまた登場したりすることがあるのかな?

 

EP15より前の回の 「反乱者たち」の感想はこちら →http://fanblogs.jp/sukisukisukisuki/category_2/ (旧ブログ)

ブロトピ:アニメの感想を更新したよ♪

ブロトピ:今日のブログ更新

EP16「忍び寄る闇」 スターウォーズ反乱者たち/シーズン2 見た?【ネタバレありの感想】

「スターウォーズ/反乱者たち シーズン2」のEP16 「忍び寄る闇」  みんな見た?

久々のアソーカ、久々のダースベイダー、そしてヨーダまで!

面白かったー! (>-< )

久しぶりにアソーカが出てきて、

そしてヨーダヴェイダーにって、

大好きなキャラたちが大集合でした!

 

ストーリー自体は特になかったというか、

今後の展開のための布石のような回でしたけど、

だからこそ、大事な回でした。

 

新たな謎が2つ出てきて、

これからが楽しみになるようなお話でしたね!

続きを読む

来週のEP16「忍び寄る闇」が楽しみでたまらない! スターウォーズ反乱者たち/シーズン2

EP16 「忍び寄る闇」の予告編  みんな見た?「スターウォーズ/反乱者たち シーズン2」

アソーカにダースベイダー、それにヨーダの姿も!

今度の日曜日のEP16「忍び寄る闇」の予告編がすごく面白そうだったんだよね!

アソーカダースベイダー、それにエズラと会話をするヨーダの亡霊の姿、

他にも尋問官たちも出てきていたし、

それに白い能面みたいな見たことない敵キャラも!

ケイナンエズラダークサイドに引き込むようなセリフもあったし、

一体どんな話になるんだろう?!!

って、楽しみで仕方がないんだよね ^-^

 

続きを読む

EP15 「宿敵」 スターウォーズ反乱者たち/シーズン2 見た?【ネタバレありの感想】

「スターウォーズ/反乱者たち シーズン2」のEP15 「宿敵」  みんな見た?

ゼブとエージェントカラスに友情が芽生えた!?

今回、すごく考えさせられる内容でしたね!

ゼブが語る帝国軍についてと、

エージェントカラスが語る帝国軍

ずいぶんと違いがある。

そして、二人が語るラサットのイメージについても。

敵対する帝国反乱者たち、

どちらにも非があり、正義があるのではと考えさせられる内容でした。

そして、終わり方もすごく良かった!

エージェントカラス、いつか反乱者たちの仲間に加わるんじゃないの!!?

なんて期待させられてしまいました。

 

最初に、あらすじをちょっと載せますね。

帝国による反乱軍待ち伏せは失敗に終わり、ゼブとエージェント・カラスは氷の惑星に立ち往生。脱出ポッドの衝突で怪我を負ったカラスとゼブは、過酷な環境を生き延びるために手を取り合わなければならない。

参考:WOOKIEEPEDIA  → https://goo.gl/XUdPxw




本編ではあまり語られない、分離主義や帝国側の正義

アニメ/ クローンウォーズではよく出てきたけど、

分離主義側ににも正義があるんだよね。

戦争なんだから、よく考えると当たり前なんだけど、

本編の映画では語られないような部分がスターウォーズの世界にはあって、

クローンウォーズではけっこうそういうエピソードがあった。

反乱者たちではこの話が初めてかな?

 

今回、二人きりになった帝国エージェントカラスと、

ゼブは色々と話す機会があって、

ゼブ 「ラサットが帝国の刑務所でどんな扱いを受けるか知っている」

カラス 「ちゃんと裁判を受けられるんだぞ」

といった会話は、

カラスは帝国は法治国家としてきちんと機能していると思い込んでいるのを

表していたよね。

実際には、高官たちが独断で処刑したりするシーンがよく見られるように、

思い通りにいかなかった時に、

責任者を見せしめに殺すような帝国なのだけど、

そうとは知らない帝国の軍人も多いってことだよね。

 

そして、エージェントカラスが、

ラサットに仲間を惨殺されたときの話を語ると、

それを聞いたゼブが

「ラサットも10人いればそれぞれみんな違う。」

と言い、

カラスは「その言葉は帝国にも当てはまるんじゃないのか?」

という。

 

そう、結局は巨大な組織の中に入っていると、

いろんな面があって、自分の組織のことも

相手の組織のことも

実は一部しか知らないんだよね。

 

帝国は確かに悪の組織だとは思うけど、

でも、やっぱり反乱者側にも悪い部分はあるはずで、

戦争というものの難しさを感じさせる会話でした。




ゼブとカラスの友情、そして帝国に戻ったカラスは何を感じたか

氷の星に閉じ込められてしまった二人。

そして、寒さと恐竜のような怪物に襲われて、

協力し合わなければいけない状況になってしまった。

 

とはいえ、カラスはゼブを殺すチャンスが何度かあったのに

最後まで殺すことはせず

ゼブは怪我をしたカラスの身を自分よりも先に

洞窟の外に放り上げて、

恐竜から守り抜いた

 

そんな二人に友情のようなものが芽生えてもおかしくないよね。

最後、カラスも一緒にゼブ達と船に乗るかと思ったけど、

そんなことはせず、

カラスは一人、帝国の救援を待つことに。

 

大丈夫かな?

死んじゃうんじゃないのかな?

って思ったけど、

無事にカラスも助けられたみたいだね。

 

だけど、帝国に戻ったカラスは、

仲間に怪我を気遣うような言葉を

かけられることはなかった。

 

エズラ達がゼブを助けに戻った時とは

まるで違う。

 

帝国の自分の部屋で、

カラスは本当に孤独に見えた。

そして、カラスはどう思ったんだろう?

 

いつか、チャンスがあったら、

反乱者たちに寝返ってくることがあるんじゃないのかな?

そんな風に、期待させられちゃう終わり方だったね。

カラスが寝返ったら、なんかワクワクするなぁ。

特にカラスに魅力があるわけではないんだけど、

あんなに帝国軍に忠誠を誓っていた人間だから、

もし寝返るとしたら、

そうとう悩んだ末のことってことになるものね。

 

そんなストーリーがいつか作られることに期待です ^-^

 

EP15より前の回の 「反乱者たち」の感想はこちら →http://fanblogs.jp/sukisukisukisuki/category_2/ (旧ブログ)

ブロトピ:アニメの感想を更新したよ♪

ブロトピ:今日のブログ更新

EP14 「父と娘」 スターウォーズ反乱者たち/シーズン2 見た?【ネタバレありの感想】

「スターウォーズ/反乱者たち シーズン2」のEP14 「父と娘」 みんな見た?

ヘラの父親が登場! ヘラのリーダーシップは父親譲りだった!

ヘラの父親って、チャム・シンドゥーラだったんですね!

ちょっとビックリです。

チャム・シンドゥーラがライロスをクローン軍から解放するために

分離主義者たちと戦っている話って、

クローンウォーズのシーズン1の21話「ライロスの解放」に出てきます。

「ライロスの解放」の感想はこちらをクリックしてね→第21話「ライロスの解放」クローンウォーズ シーズン1 見た人いる?【ネタバレありの感想】(旧ブログ)

 

ライロス惑星の住民たちが分離主義勢力のドロイド軍に

虐げられていたのを、

ジェダイたちが助けに行きます。

最終的に、陸上戦になり、マスターのメイス・ウィンドゥが指揮を執るのですが、

その時にチャム・シンドゥーラに助けを求めるという話です。

 

チャム・シンドゥーラはゲリラ組織のリーダーで、

どちらかというと、とんがっているというか、

誰にでも優しい感じではない印象でした。

 

でも、彼がヘラの父親だったなんて。

そして、年をとってまた登場してくるなんて

思ってもいませんでした(◎_◎;)

 

スターウォーズって世界が広くてたくさんのキャラがいるだけでなく、

きちんと歴史が作られているから、

すごいんですよね!

 

クローンウォーズのシーズン1、

もう一度見たくなってしまいました!




ケイナンとヘラの関係ってどうなってるんだろう?

ケイナンは最初、

ヘラの父親に会うということで、

かなり緊張していたね。

 

これって、ヘラのことを恋人のように

想っているからなんじゃないのかな?

なんて思っちゃったけど、ちがうかな?(*^-^*)

 

でも、ケイナンはジェダイだから、

特定の誰かと恋仲になるようなことは

認められないはずだけど。。。

 

でも、ジェダイ評議会もなくなっちゃってるこの時代なら、

そんなこと気にしなくてもいいのかな?

 

ジェダイだって、

恋愛してもいいとは思うんだよね。

個人的な意見だけど。

 

アナキンがジェダイを裏切ることになってしまった原因の1つは、

そこの掟がちょっと厳しすぎるからだったんじゃないかな?




だけど、チャム・シンドゥーラひどいよね 。 。

チャム・シンドゥーラだけど、

自分の目的のために、

ケイナンやヘラ達を裏切って、

帝国軍の母艦を破壊しようとするなんて、

ちょっとひどいよね。

 

エズラ達みんなのことを、

銃で撃って気絶させてしまうし…。

 

自分の星と、その目的のためなら

何をしてもいいと思っているのかな?

そりゃ、娘のヘラに愛想をつかされて、

置いていかれてしまうよね。

 

今回の話で、最終的には

和解することが出来て

良かったけど、

でも、ちょっと簡単に和解しちゃって

(え?!そんな物分かりいいの?)

って思っちゃった。

だったら最初からそんな酷いことしようなんて

しなければいいのに。。。って。

 

とはいえ、反乱者たちに新たな仲間が加わったのは嬉しいことだよね。

こうやってだんだんと強く、大きな組織になっていって

映画スターウォーズのエピソード4や、

今年の12月に公開されるローグ1につながっていくんだね。

 

 

EP15より前の回の 「反乱者たち」の感想はこちら →http://fanblogs.jp/sukisukisukisuki/category_2/ (旧ブログ)




ブロトピ:アニメの感想を更新したよ♪

ブロトピ:今日のブログ更新