『クズの本懐』_アニメ 5話目「DESTRUCTION BABY」、見た?【ネタバレありの感想】

最近存在感の薄かった麦が実は何もかも知っていたことにびっくりした

このところ、麦あんまりでてこないなーって

思ってたんだよね。

しかも、ちょっと出てきたら、

恋している茜が男と深夜のファミレスで

いちゃついていたのに

全然平気みたいな顔してるし、

皆川茜には、

「憧れの人とはつきあえないから手近なな同級生で

満足している」

みたいなことを陰で言われちゃってて、

なんか情けないなーくらいに思って。

 

でも、実は全部わかっていたうえで、

それでも好きみたいな、

感じで、麦ってある意味スゴイ純愛だなって思った(◎_◎;)

 

 

『クズの本懐』  5話目「DESTRUCTION BABY」、見た?

麦から見た茜と茜が感じる二人の関係

 

麦は花火のことも好きだよね。

それはけっこう最初からそんな雰囲気があったと思う。

そうじゃなかったら、

セックスまではしないってこと

男が言わないと思うんだよね。

責任とりたくないからって場合もあるかもだけど、

高校生で結婚とか考えなくていい身分で、

ちゃんと付き合ってるってことにしているんだから、

それはありえないよね。

だから、やっぱり最初から大切に思ってたと思う。

 

でも、麦は今回、自分の気持ちに初めて気づいたみたいな

感じだったね。

麦からみた花火の性格。

まっすぐで自分勝手で、

思ったこと、相手の気持ちも考えないでハッキリ言うところ。

そういうところ全部わかって、

自分の本当の気持ちを花火には分かってもらえないだろうなって

分かっていて、

それでも、花火の純粋なところに惹かれているのかなって思う。

 

花火は前回、麦は今回、他の人としちゃってたけど、

それがかえって二人の関係に火をつけたみたいになって

お互いのことを求めあっていたね。

最後までイくかと思ったけど、

最後までいこうとしていたけど、

でも、最後までは出来なかったね。

 




皆川茜の異常性

皆川茜は、お兄ちゃんとしちゃったね。

しかもそれを花火にこっそり伝えて

相手を傷つけて楽しむ皆川茜。

 

そういうことしていないと、

毎日が退屈でつまらないみたいだね。

 

自由でいたいとか、

つまらない男は嫌いとか言ってて、

退屈退屈退屈退屈って

皆川茜、ちょっと異常だったよね。

 

こわっ!って

思うところもあったけど、

でも、やっぱり小さい女だなとも思った

すべてを麦に見破られていて、

それでも恥ずかしげもなく

行動が変わらないところが

なんだか小さいなって思うんだよね。

 

 

お兄ちゃん(鐘井鳴海)のことをちょろい男とか、

つまらない男とか心の中でさげすんでいたけど、

(まぁ、たしかにつまらない男だとは思うけどw)

でも、なにより皆川茜がかわいそうな女だなって

感じた。

 

花火の恋が叶ってほしいって気持ちや、

大人としてもっと成長していく姿を見たいっていうのもあるし、

皆川茜に天罰みたいなのが下ればいいとも思うけど、

それだけじゃなくて、

茜にもなにか救いのようなものが訪れたらいいな

ってちょっと思った。

 

正直、花火はお兄ちゃんとの恋が叶わなかったとしても、

麦やえっちゃんといった素敵な恋人や友人が周りにいて、

これからいろんな経験をして素敵な女性になるんじゃないかなぁって思うし、

茜のような人のほうが、

いくら若いって言っても

成長できなそうで、

でも、そういった悪い部分を持っている人っていうか、

出来の悪い人のほうが心配になって感情移入するっていうのかな?

気になってきちゃうかも。




 

ブロトピ:アニメの感想を更新したよ♪

『クズの本懐』_アニメ 4話目「Bad Apple!!」、見た?【ネタバレありの感想】

皆川茜がゲス過ぎてびっくりした 。 。。

前回の日記で、音楽教師の皆川茜がゲスかどうかは

まだ分からないって書いたけど、

4話目の冒頭でいきなり

ものすごいゲスだって分かってしまってビックリしたw

 

『クズの本懐』 4話目「Bad Apple!!」、見た?

皆川茜の正体

罪悪感でも優越感でもなくて、

搾取される側には死んでもまわりたくない

って皆川茜は高校生の時に

思ったみたいだけど、

 

 

最初はそうかもしれないけど、

現在は優越感と似たような感情で

動いているように見えるよね。

だって、誰かの好きな人を奪うのが好きな訳だし。

 

あとは、好きな人をとられて

悔しい思いをしている人を見て楽しんでる、

残虐性って言ったらいいすぎかもしれないけど、

性格の悪さが際立ってるなぁって思った。

 

花火が好きなお兄ちゃんのことも、

皆川茜は好きではなかったんだね。

ただ、花火がお兄ちゃんのことを好きだってことを

知っていて、

だから、花火を傷つけたくて

奪ってやりたいって思っていたなんて、

ホントにヒドイ女だよね。




えっちゃんを利用した?

 

えっちゃんとエッチしちゃった花火。

心の中のもう一人の自分が、

「えっちゃんの行為を利用した」

みたいなことを言っていたけど、

さみしい時に、誰かのぬくもりや

優しさを求めてしまうのは仕方がないことだと思う。

 

それに、あの皆川茜みたいに、

誰かを故意に傷つけようとして利用するのとは

全然訳が違うって思うんだけど、

花火は罪悪感を感じてしまったんだね。

 

えっちゃんだって、花火の寂しい気持ちを利用して

自分の性欲を満たそうとしたって言えるわけだし、

えっちゃんと花火の二人の行為は、

ひどいって言われるほどのことではないよね。

 

両想いでするエッチは幸せだけど、

きっと周りから見たらつまらないものだし、

片思いだって分かってるのにしてしまうエッチは

せつなくてさみしくて、

逆に美しいって感じてしまった。

 

現実ではないこういう

アニメとか小説とかでは

幸せではないけど一生懸命生きている人

のほうが魅力的に見えるものなんだなぁ。。




お兄ちゃんは母親を重ねてたんだね

花火の好きなお兄ちゃん(鐘井鳴海)は

 

母親を皆川茜に重ねてしまって、

好きになっちゃったんだね。

マザコン?w

っていう風にも思うけど、

でも父子家庭に育ったんだから、

そのくらい仕方ないのかもね。

 

だけど、皆川茜の正体を知ったら

すぐに幻滅して花火のほうを向いてくれるんじゃないのかな?

何ていう風にも思った。

 

だけど、盲目的に好きになってしまっていたら、

なかなか皆川茜の正体について信じることはできないかもね。

そういう意味ではやっぱり花火の前途は多難なのかな?

 

なんにしても、ラストで皆川茜が酷い性格丸出しの

表情を花火の前でさらけだしたシーンは

みていて嫌悪感を感じるくらいひどかったよね。

教師のくせに、なんてやつなんだ!

って。

 

花火、こんな女に負けるなー!

がんばって一泡吹かせてやってくれぇー!

ってさらに応援したくなっちゃったね。

 




ブロトピ:アニメの感想を更新したよ♪

『クズの本懐』_アニメ 3話目「Show Me Love (Not A Dream)」、見た?【ネタバレありの感想】

花火を好きな絵鳩早苗が暴走しちゃいましたね。

 

えっちゃん(絵鳩早苗)がなんで花火を好きなのかが分かるエピソードが最初にあって、

すごくえっちゃんに感情移入しちゃいました。

彼女を応援したくなっちゃうけど、

でも、それじゃ花火の本懐がなされなくなっちゃうし、

うーん。むずかしいね。

花火もえっちゃんのことを友達としては好きだけど、

でも、その気持ちには答えてあげられないし、

えっちゃんのことを思うと重たく感じてしまってるようでした。

これから、二人の関係はどうなるのかな?

普通の友達としてやっていけるのかな?

 

『クズの本懐』  3話目「Show Me Love (Not A Dream)」、見た?

花火の「私だって逃げてばかりのくせに」っていうセリフが気になった

最初、花火のこのセリフの意味がよく分からなかったんだよね。

だって、お兄ちゃんのことをあきらめたわけではないんでしょう?

って思ってたから。

 

でも、あの時点では、花火も実はお兄ちゃんとの関係を

少しあきらめ気味だったのかもしれないね。

いつかお兄ちゃんと結ばれたいって思っていても、

どうすればいいのか分からないし、

そんなこと無理だよって、内心あきらめていたのかも。

 

あきらめていたけど、あきらめきれないで

心の中でウジウジ思い続けているだけの自分を、

重たい女だって自己嫌悪したり、

お兄ちゃんと結ばれるために何もできないで、

好きでもない麦と付き合って、逃げている自分を

あのスペックだけで男を選んで二股掛けている女の子と

同じだって思って自己嫌悪したり、

そういう思いが込められているセリフだったのかな?

って今は思う。

(って考えすぎ?w)

 




皆川茜はゲスな女?

でも、お兄ちゃんが好きな相手、音楽教師の皆川茜が

ゲスな女だったから

(まだ、確定ではない気もするけど。。)

花火のやる気に火が付いたみたいだったね。

 

皆川茜は元生徒と付き合ってるみたい。

でも、本当は鐘井鳴海(お兄ちゃん)が好き。

好きな人がいるのに他の男と付き合ってることを

何とも思ってもいない。

そんな風に見えたよね。

 

だから、好きなお兄ちゃんを好きで好きで

苦しんでいる花火のやる気に火をつけた

っていうふうに見えた。

ってことは、それまでは、「いつか遂げてみせるよ」

なんて言っておいて、心の底では諦めていたってことだったのかな?

って思ったんだ。

みんなはどう思ったかな?

 




最可と麦

今回、最可は私には麦しかいない!

って言ってたね。

最可はちょっと子供っぽ過ぎて、うざいっていうか、あんまり好きじゃないけど、

でも、一途で自分の気持ちを大事にしているって意味では

いい子だよね。

少なくともスペックで選ぶ子よりは。

 

それと、麦は勃っちゃったところを

花火に見られてしまって焦っていたのが今回ちょっと意外でした。

もっと、経験豊富でそういうことには動じないのかなって思ってたから。

 

花火に触ってもらって、気持ちよさそうにしていて、

誰から見てもかわいい男の子でしたw

 

だけど、好きな皆川茜が他の男と一緒にいても

平気そうにしていて、

花火はそれが気に入らないみたいだったね。

どうして私と同じように感じないの?

って思ったみたいだったけど、、、。

麦は本当に言葉通り、

盲目に皆川茜を信じているのか、

それとも、本当は胸の中では嫉妬の炎が渦巻いているのに、

花火の前では平気なふりを演じていただけだったのか?

 

どっちなのかなぁ?




ブロトピ:アニメの感想を更新したよ♪

『クズの本懐』_アニメ 2話目「そのぬくもりに用がある」、見た?【ネタバレありの感想】

麦にも花火にも自分のことを好きな人がいる

という回でしたね。

ちょっと制作側の計画的な作り方みたいなのが見えたのが

ちょっと気になったかなぁ。

前回は、花火と麦の事情の説明。

今回はお互いのことを好きな人がいるっていう

周りの説明。

みたいな感じ?

順序立てて説明してくれるのは分かりやすいけど、

説明を聞きたいわけじゃなくて

面白い話が見たいっていうか、

花火や麦がどうやって自分たちの想いをかなえていくのかが気になるんだけどなぁ~。

そこの話を進めてほしかったなぁって思った回でした。

 

『クズの本懐』 2話目「そのぬくもりに用がある」、見た?

クズにはクズの想いがあるっていうのがいいよね

このアニメを見ていて、

花火のことをホントにクズだなんて思っている人はいないと思うけど、

好きな人への想いが叶わないそのさみしさを

好きでもない人とつきあうことでごまかして、

キスしたり触れ合ったりすることで

自分の想いを誤魔化している花火と麦は、

自分達のことを責めているみたいだったね。

 

二人とも自分達の関係を後ろめたく思っていて、

麦は花火とエッチしながら、好きな相手(音楽教師の皆川茜)を想像している自分を

冷めた想いで責めているみたいだったし、

花火も同じで、だから麦とエッチしながら泣きそうな顔をしているのかなって思う。




 

そういう状況だから、

そうじゃないホントのクズみたいなお友達代表みたいな(?)登場人物を出してきたのかな?って思った。

好きって言ってるけど、

ホントに好きじゃなくてスペックで相手を選んでるだけのやつを出して、

花火や麦と比較して見せてくれたのかなーって。

(いや、クズっていうほどでもないと私は思っているけどねw)

二人の想いは純粋なんだよって言われてるみたいだったなぁ。

 

設定はすごく好きだし、二人がこれからどうしていくのかが気になるんだけど、

ちょっと見せ方というか話の展開の仕方が

技巧的な感じがしてそこがちょっと鼻についちゃうなぁっていうのも

正直な感想でした。

そんなこときにせず、

話にのめりこませて欲しい!

だって、麦と花火のこと、1話目で見て、応援したくなったんだもんなぁ。

っていう、2話目の感想でしたー。

 




新キャラの最可とえっちゃん

もちろん、新しい二人の登場で話が広がったなぁとも思う。

モカは、麦が好き!っていうのを恥ずかしげもなく出し過ぎていて、

ちょっと面白くはないけど、

えっちゃんは花火のことが好きで、

でも、それじゃ同性愛になっちゃうから口には出せなくて。

そんな悩んでいる姿がやっぱり応援したくなっちゃうよね。

 

えっちゃん、花火が麦に利用されているんじゃないかなんて

ちょっと考えすぎなことを考えていたけど、

(いや、まちがってもないんだけどね。お互い承知して利用し合ってるんだから。)

その花火への想いがえっちゃんを悲しい状況にさせることがないといいなぁって思った。

花火のことを思って言ったことばや行動がかえって花火を傷つけたり、

エッちゃん自身を傷つけちゃったりしなかなってね。

 

なんか、前回に引き続き、文句っぽいこといっぱい書いちゃったけど、

来週も楽しみです♪

 




ブロトピ:アニメの感想を更新したよ♪

『クズの本懐』_アニメ 1話目「望み叶え給え」、見た?【ネタバレありの感想】

「クズの本懐」ってタイトルに惹かれて見始めました。

全然、どんなストーリーなのか知らなかったので、

見始めるまで、「クズ」ってどんな「クズ」なのかなぁって思ってました。

 

人の嫌がることをしたり、犯罪をするような主人公を想像していたけど、

そうじゃなくて、好きな人がいるのに、

自分の恋が叶いそうもないからと、

他の男と身体だけの関係を持ってしまっているから

「クズ」なんですね。

まぁ、最後まではしてないけどw

 

予想していたのとは違ったけど、

でも、このシチュエーションというか、設定が私にはとても面白く感じたので、

見ることにしました。

予想と違ったけど、予想していたのよりも、ずっと良かったなっていうのが

正直な感想です ^-^

 

『クズの本懐』 1話目 「望み叶え給え」、見た?




1話目は主人公の状況説明って感じの話でしたね。

どうして、安良岡が「クズ」になったのか?

初恋の相手のことを好きだったから、

その気持ちが強かったから「クズ」になってしまったっていう、

そのせつないシチュエーションがいいよね。

好きな相手に、他に好きな人がいるときづいてしまった。

しかも、同じ状況の異性(むぎ)が同じクラスにいた。

同じ状況の者同士、一緒にいる時間がながくなり、

お互いにお互いを慰め合う関係になってしまった。

 

でも、これって主人公の安良岡が処女だから成り立つ設定だよなぁとも思う。

だって、大人だったら、けっこう普通にあることなんじゃないかな?

好きじゃない人と付き合うってこと。

他に好きな人がいるけど、恋が叶わないから、

結婚相手としては不向きだから、

自分の心に蓋をして、他の人と付き合ったり結婚したり。

でも、初めての恋を忘れられない安良岡にとって、

そんなこと考えられないよね

 

麦とエッチしているときも、

好きなお兄ちゃんのことを考えて

麦の手をお兄ちゃんの手だと思い込もうと努力して、

でも、お兄ちゃんがしてくれないこと、

本当は私がしたいことを今、麦としてしまっている事実を

本当は分かっていて、だから(ごめんなさい)なんて心の中でつぶやいて、

自分と同じように本当に好きな人が他にいる麦に、

自分とエッチしているって思われたくない、

自分は麦の好きな人の身代わりになれているかなって

心配したり、

そんな悲しい初めてのエッチ、せつないよね。

そんな、切ない状況のなか、安良岡がこれからどうしていくのかなって

私は気になりました。



これから安良岡はどうするの?

麦の提案で、付き合っていることにした安良岡。

お互いに好きにならないこと。

どちらかが本命と上手く行ったら別れること。

「気持ち以外は君の物」

さみしい者同士慰めあう関係。

高校生がそんなさみしい状況になってしまうなんて。。

 

でも、最後に安良岡は

「遂げてみせるよ、クズの本懐」

って心のの中で言ったんだよね。

 

このまま、ずっと慰め合ってるだけのつもりはないって

その覚悟というか、やる気みたいなものがあるのかなって思ったんだよね。

 

これから、具体的に何をするつもりなんだろう?

具体的に何をするのか、まだわかってないのかもしれないけど、

最後にはどうなりたいって思ってるんだろう?

お兄ちゃんと、付き合う、結婚する、そう思ってるのかな?

それが「クズの本懐」なのかな?

 

でも、お兄ちゃんはあの女性教師が好きみたいだし、

二人が上手くいかなかったからと言って、

安良岡のことはノーマークな感じもするし、

どうやって、「クズの本懐」を遂げるのか?

とっても気になりました^^

 




ブロトピ:アニメの感想を更新したよ♪