「未解決の女」4話目【ネタばれありの感想】

tv asahi の木曜ドラマ「未解決の女」、皆さん見てますか?

第4話目、すごくおもしろかったですね!


ドラマ「未解決の女」原作本永久囚人 警視庁文書捜査官 (角川文庫)

今回のテーマは大人の失踪事件。

15年前、突然いなくなった主婦の毛髪が、殺人未遂事件の被害者の車の中から見つかって再捜査が始まり、我らが倉庫番の魔女こと鳴海理沙刑事(鈴木京香)と矢代朋刑事(波瑠)の出番!

今回も、にじんだ文字を見て「文字が泣いている」とか、子どもが書いた絵馬に母親がコメントを書くのが、別れのメッセージのようだと気づいたり、
人の感情や気持ちにすごく敏感な捜査が鳴海刑事らしかったですねー。

では、公式ホームページからあらすじの引用です。

ショップ店員・長瀬真智(吉井怜)が山中の橋から転落し、全身打撲で意識不明の重体に陥った。この事件が発端となり、ひとつの未解決事件の捜査が再び動き出す。真智が乗っていた車から採取された毛髪のDNAが、ある失踪者のものと一致したからだ。失踪者は近所でも“理想の主婦”と評判だった藤田里美(真飛聖)。里美は15年前、代議士の夫・藤田晃一(堀部圭亮)と息子2人と共に祭りに来ていたが、まるで神隠しのように突如姿を消してしまっていた――。

真智の車からは、毛髪だけでなく、9桁の数字が羅列された“謎の文書”も見つかっていた。妙に張り切る「特命捜査対策室」室長・古賀清成(沢村一樹)から“捜査の脇役”扱いをされながらも、「特命捜査対策室」第6係の刑事・矢代朋(波瑠)は文書を解読して捜査に貢献しようと奮起。やがて証拠文書の紙が移動図書館のチラシだと突き止めた朋は、9桁の数字が蔵書の資料コードだとにらみ、番号から割り出した蔵書と資料をかき集める。すると、それらはすべて失踪事件に関する書籍や、里美が失踪した事件に関する記事で…!

やがて、真智と15年前の事件現場との間に“ある接点”があったことが判明。そんな中、里美が息子たちに託した手書きレシピを見た第6係の文字フェチ刑事・鳴海理沙(鈴木京香)は「字が泣いている」と言い出す! さらに、息子たちへの直筆メッセージにもぬぐえない違和感を覚え…!?

 

ここから先はネタバレありの感想なので、気を付けてくださいね。

続きを読む

「未解決の女」3話目【ネタばれありの感想】

tv asahi の木曜ドラマ「未解決の女」、皆さん見てますかー?

今回は百人一首をテーマにした殺人事件でしたね。

「文書捜査官」であり「文字フェチ」鳴海刑事(鈴木京香)にピッタリなテーマだなぁって感じでした。


ドラマ「未解決の女」原作本 緋色のシグナル 警視庁文書捜査官エピソード・ゼロ (角川文庫)

まずは3話目のあらすじを、公式HPから引用です。

大学教授・塚本秀平(吉田栄作)のもとで百人一首を研究していた大学生・舞阪佳織(福原遥)が、白昼の駅前駐輪場で刺殺された。事件当時、現場から立ち去る男の目撃情報があったにもかかわらず、被疑者を捕まえることはできなかった…。佳織は百人一首の一札を握って絶命していたが、その意味を見つけ出すこともできず、事件は通り魔による凶行とみなされ“未解決”のまま凍結していた――。

その5年後、腕に「MISEBAYANA」というタトゥーのある男が殺される。その男はほかでもない、佳織と交際していた会社員・与田秀樹(深水元基)だった! 2つの事件に関連はあるのか、そして被疑者は一体誰なのか…。その謎を解くべく、「特命捜査対策室」第6係の熱血刑事・矢代朋(波瑠)は事件現場へ出向き、捜査を開始。第6係が専門とする文書捜査の域を出た行動に「特命捜査対策室」室長・古賀清成(沢村一樹)は目くじらを立てるが、朋は意に介せず、足を使った捜査を続行する。

そんな中、朋は佳織が持っていた百人一首の箱に“間違ったもの”が入っていた、との情報を得る。その“間違ったもの”と“彼女の日記に頻出する言葉”を分析した文字フェチ刑事・鳴海理沙(鈴木京香)は、佳織の知られざる一面を推察。さらに、箱の中にあるべき1枚がないことに気づき…!?

朋と理沙は手掛かりを求め、塚本のもとへ。だが、塚本からはこれといった手掛かりを得ることは出来ない。その矢先、佳織の同級生から得た些細な証言が思わぬトリガーとなり、朋の脳裏に“これまでの捜査を根底から覆す記憶”がよみがえる――。

ここから先は、ネタバレありの感想なので、まだ見てない方はお気を付けください^^

続きを読む

「未解決の女」2話目【ネタばれありの感想】

tv asahi の木曜ドラマ「未解決の女」、皆さん見てますかー?

IT企業の社長令嬢誘拐事件12年前の未解決の誘拐事件がリンクした今回のお話、面白かったねー。

前回は2つの事件がごっちゃになっちゃった私だけど、そんな私でも今回の話はついていけましたw

おかげですごく楽しめたなー。

それに、12年前の誘拐事件の被害者の主婦、坂下菜々美(高岡早紀)が、かわいそうでかわいそうで、最後の時は同情してちょっとウルウルきてしまいました。

まずは2話目のあらすじを、公式HPから引用です。

 

大手IT企業社長令嬢が連れ去られ、1億円もの身代金を要求される誘拐事件が発生する。早期解決を目指す捜査本部は、各部署から人員をかき集め体制を強化。「特命捜査対策室」からも第6係の刑事・矢代朋(波瑠)が招集される。誘拐されたのは中学生の幸田遥花(畑芽育。犯人が電話で、父親・幸田雅也(戸次重幸に遥花の声を聞かせたとき、遥花は「かもめ」とだけ口にしたという。まるで意味が分からない朋だが、その一言は文字フェチの同僚・鳴海理沙(鈴木京香)に12年前のある未解決事件を思い出させることに…! それは主婦・坂下菜々美(高岡早紀)の娘・芽以が誘拐された事件。実は当時、芽以も今回と同様に「かもめ」という言葉を発していた――。

まもなく身代金の受け渡し役に任命された朋は、雅也の秘書に扮し、指定場所に赴く。ところが犯人の指示で方々を走らされた結果、自慢の体力があだとなり、本物の秘書でないことが犯人に露見! 身代金はまんまと誘拐犯の手に渡り、人質も解放されないという最悪の事態を招き…。

一方、理沙は「特命捜査対策室」の室長・古賀清成(沢村一樹)から、犯人と雅也の通話解析を命じられる。そんな中、朋は先輩刑事・草加慎司(遠藤憲一)から、12年前の未解決事件の詳細を聞くことに。その事件は、今回の誘拐事件と奇妙な共通点を持っていただけでなく、理沙を人嫌いにさせる原因にもなっていて…!?

 

ここから先は私の感想です。(ネタバレ有りなのでまだ見ていない人は注意ですよ)

続きを読む