第14話 「声なき者~突入」相棒15見た?【ネタバレありの感想】

今回は、籠城事件については解決できたけど、

真の黒幕の警察庁長官官房総務課長の山崎は

逆に昇進してしまってくやしい終わり方だったね。

でも、この山崎はもしかして

劇場版でやっつけることができるのかな?

 

ホントは悪いヤツのくせに、

のうのうと逃げのびているなんて、

許せない!

っていうふうに思わせておいて

劇場版につなげるなんて、

なんて上手な宣伝方法だろう!

と、ちょっと感心してしまいましたw。

 

TV asahiで毎週水曜の夜9時放送の相棒15 第14話 「声なき者~突入」みんな見た?

 

まずは話のあらすじです

不可解な立てこもり事件の背景に権力者たちの陰が…!?
亘と尊、2人の相棒が右京と共に難事件に挑む!

今から一年前に右京(水谷豊)と亘(反町隆史)が遭遇した謎の立てこもり事件。膠着状態に陥る中、右京は尊(及川光博)から犯人の要求している女性・吉井聡美(及川莉乃)に関する情報を入手する。尊によると、すでに亡くなっている彼女の死因は自殺の可能性が高いのだが、なぜかその前の2か月余り幼い息子と姿を消していた時期があるという。いっぽう、亘は右京が立てこもり犯と目星をつけている新堂司(田中偉登)という高校生の家族について調べていた。司の父・誠(永野典勝)は法務省矯正局のホープだが、家族に暴力をふるっていた疑いがあり、妻や子供たちと別居中であることが判明。さらに、誠が女性蔑視の思想を持つ団体の会員であることも分かる。その団体には、省庁の重役も多く、警察庁長官官房総務課長の山崎(菅原大吉)も名を連ねていた。司は、誠から逃げるためにシェルターに身を寄せていた母と妹を通じて、同じくDVから逃れようとしていた聡美と知り合ったのではないか? しかし、だとしたらなぜ司は真渕(三浦英)に重傷を負わせ、人質を取って立てこもりなどしているのか…!?

そんな中、右京の依頼で真渕のパソコンを調べていた米沢(六角精児)の報告である疑惑が浮上し、右京は真渕になりすまして立てこもりを続ける司の真の目的を察知。人質を含め全員を無傷で確保しようと動き出す。しかし、立てこもり犯が真渕でないことが公となり、司が危機的な状況に陥ってしまう。そんな中、なぜか事件を隠蔽しようと暗躍する山崎により、特殊部隊の強行突入が刻一刻と迫っていた。

立てこもり事件を起こした高校生の本当の目的とは!?
右京と亘は真実を解明し、巨悪の陰謀を阻止できるのか?
衝撃のラストが、「劇場版IV」に関連する因縁をもたらす!

ゲスト:及川光博 菅原大吉 六角精児

脚本・監督

公式ホームページから引用→http://www.tv-asahi.co.jp/aibou/contents/story/0014/




暴力って本当にひどいことだよね

 

力で人を押さえつけるって本当にひどいことだと思う。

身体に傷を負わせたりするだけじゃなくて、

心まで破壊してしまうこともあるんだなぁって

今回の相棒を見ていて改めて考えさせられた気がする。

 

特に、父親が子供や妻に暴力するなんて

信じられないっていうか、

本当に許せないよね。

 

籠城していた司君って男の子が

「会わせろ」と要求していた

聡美さんっていう人も

旦那に酷いことを言われ続けながら暴力を振るわれて

自分がダメなんだって思いこまされてしまって、

自殺してしまったんだね。

 

こういう話って本当にひどいよね。

 




司君の父親は捕まった

 

 

 

司君は、

「自分が妹や母親を守らなくてはいけなかったのに、

一年前に逃げ出したんだ」

なんて言っていたね。

まだ、高校生の子供なのに

こんなふうに思いつめるまで追い込まれるなんて。

 

そして、自分の保身のために、

息子が死んでも構わないと思っていた父親。

さらには逮捕されても、

「まずは妻と娘に会わせろ」

なんて信じられないことを言う始末。

久しぶりに右京さんが

「妻も子供も、あなたのものではありませんよ!」とお説教をしてくれたのが嬉しかったな。

 

だけど、最初にも書いたけど、

女性蔑視の団体に所属していて、

そのことを隠すために裏でいろいろとやっていた、

警察庁長官官房総務課長の山崎っていうのは

捕まらなかったね。

こいつは、劇場版でどんなふうに追い詰められていくんだろう?

 

なんにしても、

妹をさらおうとした男の頭を殴打して

籠城してしまった司君が

正当防衛が認められそうだってことで

本当に良かったなぁ~。

 

後ろから石で殴ってるから、

過剰防衛になっちゃうんじゃないかって思ってた。

相棒ってけっこう追い詰められた弱者でも

違法なことをしたら罰せられるんだよって

厳しい教訓も含めることが多いから

この男の子も捕まっちゃうのかな?

って心配になっちゃうんだよね。

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

相棒15の3話よりも前の感想はこちら↓

http://fanblogs.jp/sukisukisukisuki/category_3/

です。

相棒のネタバレありの感想やその他のドラマやアニメ、映画の感想を書いています。

どうぞよろしくお願いします_(_ _)_

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

ブロトピ:今日のブログ更新

ブロトピ:テレビドラマの感想を更新したらここ!

『クズの本懐』_アニメ 4話目「Bad Apple!!」、見た?【ネタバレありの感想】

皆川茜がゲス過ぎてびっくりした 。 。。

前回の日記で、音楽教師の皆川茜がゲスかどうかは

まだ分からないって書いたけど、

4話目の冒頭でいきなり

ものすごいゲスだって分かってしまってビックリしたw

 

『クズの本懐』 4話目「Bad Apple!!」、見た?

皆川茜の正体

罪悪感でも優越感でもなくて、

搾取される側には死んでもまわりたくない

って皆川茜は高校生の時に

思ったみたいだけど、

 

 

最初はそうかもしれないけど、

現在は優越感と似たような感情で

動いているように見えるよね。

だって、誰かの好きな人を奪うのが好きな訳だし。

 

あとは、好きな人をとられて

悔しい思いをしている人を見て楽しんでる、

残虐性って言ったらいいすぎかもしれないけど、

性格の悪さが際立ってるなぁって思った。

 

花火が好きなお兄ちゃんのことも、

皆川茜は好きではなかったんだね。

ただ、花火がお兄ちゃんのことを好きだってことを

知っていて、

だから、花火を傷つけたくて

奪ってやりたいって思っていたなんて、

ホントにヒドイ女だよね。




えっちゃんを利用した?

 

えっちゃんとエッチしちゃった花火。

心の中のもう一人の自分が、

「えっちゃんの行為を利用した」

みたいなことを言っていたけど、

さみしい時に、誰かのぬくもりや

優しさを求めてしまうのは仕方がないことだと思う。

 

それに、あの皆川茜みたいに、

誰かを故意に傷つけようとして利用するのとは

全然訳が違うって思うんだけど、

花火は罪悪感を感じてしまったんだね。

 

えっちゃんだって、花火の寂しい気持ちを利用して

自分の性欲を満たそうとしたって言えるわけだし、

えっちゃんと花火の二人の行為は、

ひどいって言われるほどのことではないよね。

 

両想いでするエッチは幸せだけど、

きっと周りから見たらつまらないものだし、

片思いだって分かってるのにしてしまうエッチは

せつなくてさみしくて、

逆に美しいって感じてしまった。

 

現実ではないこういう

アニメとか小説とかでは

幸せではないけど一生懸命生きている人

のほうが魅力的に見えるものなんだなぁ。。




お兄ちゃんは母親を重ねてたんだね

花火の好きなお兄ちゃん(鐘井鳴海)は

 

母親を皆川茜に重ねてしまって、

好きになっちゃったんだね。

マザコン?w

っていう風にも思うけど、

でも父子家庭に育ったんだから、

そのくらい仕方ないのかもね。

 

だけど、皆川茜の正体を知ったら

すぐに幻滅して花火のほうを向いてくれるんじゃないのかな?

何ていう風にも思った。

 

だけど、盲目的に好きになってしまっていたら、

なかなか皆川茜の正体について信じることはできないかもね。

そういう意味ではやっぱり花火の前途は多難なのかな?

 

なんにしても、ラストで皆川茜が酷い性格丸出しの

表情を花火の前でさらけだしたシーンは

みていて嫌悪感を感じるくらいひどかったよね。

教師のくせに、なんてやつなんだ!

って。

 

花火、こんな女に負けるなー!

がんばって一泡吹かせてやってくれぇー!

ってさらに応援したくなっちゃったね。

 




ブロトピ:アニメの感想を更新したよ♪

第13話 「声なき者~籠城」相棒15見た?【ネタバレありの感想】

もうすぐ公開される相棒の映画

「相棒 劇場版Ⅳ」に続くお話ということで、

どんな感じなんだろうって思いながら見ました。

なんか、映画の宣伝したいから無理くり作った感じかな?

なんて思っていたけど、

そんなことなくて、かなり面白かった。

相棒のドラマを見るたびに劇場版のコマーシャルやるし、

ドラマの中でも映画につながる話もやるしで、

これは映画館に見に行きたくなるね。

いつもビデオになるまで待つタイプだった私も、

さすがに今回は映画館に行こうかな?

って気にさせる上手な宣伝方法だなぁー。

うーん。面白そうだし行きたいけど、、、、悩むなぁ!

(私、けちんぼなのでw)

っていうか、早く来週の続きみたいなぁ ^-^

 

TV asahiで毎週水曜の夜9時放送の相棒15 第13話 「声なき者~籠城」みんな見た?

 

まずは話のあらすじです

1年前の冬、法務省から出向中だった亘が右京と共に謎の立てこもり事件に遭遇!!
解決のカギを握るのは元相棒・神戸尊!?
「劇場版IV」にも関連する因縁を2週連続の前後編で描く!!

時は、今から1年ほど前にさかのぼる…。
2016年2月。住宅街の一角で、若い男が頭から血を流して倒れているのが発見される。目撃者の情報から、現場から逃げた車の持ち主が司法浪人の真渕(三浦英)と判明。スマホの位置情報などから、小さな町工場に逃げ込んでいることが発覚する。立てこもり事件の発生を受け、警視庁から特殊部隊が出動。その様子がテレビで生中継されるなど、現場は騒然となる。そんな中、たまたま現場に居合わせた右京(水谷豊)と、法務省から出向中だった亘(反町隆史)は、独自の捜査を開始。すると事件直前、『若い男が女児に声を掛けている』という不審者情報があったことが分かる。その頃、捜査本部には真渕からメールが届いていた。吉井聡美(及川莉乃)という女性を連れてくれば、人質は解放するという。しかし、彼女は3週間前に死亡しており、警察は犯人を刺激しないよう、亡くなっていることを伏せて説得を続けることに。くしくも彼女は、尊(及川光博)が大河内(神保悟志)からの個人的な依頼で、身辺を調査していた女性だった。また、警察庁長官官房総務課長の山崎(菅原大吉)も、吉井聡美と何らかの繋がりがある様子で…!?

いっぽう、捜査を続けていた右京と亘は、真渕が企業や団体がネットを通じて不特定多数に業務を外注するクラウドソーシングに登録していたことを掴む。その仕事が今回の一件と関係しているのではないかと考えた2人は、その頃まだ鑑識の米沢(六角精児)の協力を得て、押収されていた真渕のパソコンを調べることに。そうこうするうち、立てこもり現場では、捜査本部の指示を受けた特殊部隊が強行突入に踏み切ろうとしていた。しかし、まさに突入しようとした瞬間、現場を大混乱に陥れる不測の事態が発生する!

立てこもり犯が要求した女性は一体何者なのか?
尊や米沢の力を借りて真実を追う右京と亘
事件はやがて予想を超えた緊急事態へと発展する!

ゲスト:及川光博 菅原大吉 六角精児

公式ホームページから引用→http://www.tv-asahi.co.jp/aibou/contents/story/0013/




神戸尊と米沢守が嬉しい!

今回、なにが一番面白かったって、

鑑識の米沢守と、右京さん、冠城亘のやり取りのシーンが

一番面白かったなー!

それに、ドラマの冒頭のシーンで

冠城亘に来たメールが

神戸亘からの物だったのが分かった時も、

それだけで嬉しかった。

 

やっぱり好きなキャラが出てくるだけで

嬉しいし、ドラマを見るのが楽しくなるよね!

 

米沢守って、警察学校の先生になっちゃってるんだったっけ?

一年前のまだ鑑識にいたころに、刑事部長に

「お前の未来はない!」

なんて言われて悩んでいたんだね。

 

だから警察学校の先生になったのかな?

ってことは、冠城亘のせいだったのかー。

 




犯人の意図はいったいなんなんだろう?

話がちょっと難しかったけど、

傷害事件の犯人による立てこもり事件が発生。

最初犯人だと思っていた車の持ち主は、

実は被害者だということが分かり、

なかなか事件の解決の糸口が見つからない

捜査本部。

 

特命係の二人はいつものごとく勝手に捜査をして

犯人像に迫りつつあるといった展開。

さらに、犯人のお母さんがいち早く

逃げていて、犯人にメールで連絡をしている様子が

視聴者にはわかっている状態。

 

うーん。犯人は、どうしてこんな事件を起こしちゃったんだろうね?

最初に頭を殴ったのは、なにか恨みがあったのかな?

立てこもり事件を起こしているのは、

大きな陰謀を世間に訴えたくてしている感じがするから、

恨みだけじゃなくて、計画的に傷害事件を起こしたようでもあるし、

それに犯人の妹?の女の子は

なにかトラウマみたいなのを持っているみたいで。。。

 

もしかして、幼児への悪戯みたいなことをする警察官僚がいて、

それを明るみにしたくて事件を起こしたのかな?

って感じもするけど。。。

 

でも、相棒のストーリーはいつも

私なんかの予想を大きく裏切ってくれるので(良い意味でねw)

来週のお話が楽しみです♪

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

相棒15の3話よりも前の感想はこちら↓

http://fanblogs.jp/sukisukisukisuki/category_3/

です。

相棒のネタバレありの感想やその他のドラマやアニメ、映画の感想を書いています。

どうぞよろしくお願いします_(_ _)_

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

ブロトピ:今日のブログ更新

ブロトピ:テレビドラマの感想を更新したらここ!

『クズの本懐』_アニメ 3話目「Show Me Love (Not A Dream)」、見た?【ネタバレありの感想】

花火を好きな絵鳩早苗が暴走しちゃいましたね。

 

えっちゃん(絵鳩早苗)がなんで花火を好きなのかが分かるエピソードが最初にあって、

すごくえっちゃんに感情移入しちゃいました。

彼女を応援したくなっちゃうけど、

でも、それじゃ花火の本懐がなされなくなっちゃうし、

うーん。むずかしいね。

花火もえっちゃんのことを友達としては好きだけど、

でも、その気持ちには答えてあげられないし、

えっちゃんのことを思うと重たく感じてしまってるようでした。

これから、二人の関係はどうなるのかな?

普通の友達としてやっていけるのかな?

 

『クズの本懐』  3話目「Show Me Love (Not A Dream)」、見た?

花火の「私だって逃げてばかりのくせに」っていうセリフが気になった

最初、花火のこのセリフの意味がよく分からなかったんだよね。

だって、お兄ちゃんのことをあきらめたわけではないんでしょう?

って思ってたから。

 

でも、あの時点では、花火も実はお兄ちゃんとの関係を

少しあきらめ気味だったのかもしれないね。

いつかお兄ちゃんと結ばれたいって思っていても、

どうすればいいのか分からないし、

そんなこと無理だよって、内心あきらめていたのかも。

 

あきらめていたけど、あきらめきれないで

心の中でウジウジ思い続けているだけの自分を、

重たい女だって自己嫌悪したり、

お兄ちゃんと結ばれるために何もできないで、

好きでもない麦と付き合って、逃げている自分を

あのスペックだけで男を選んで二股掛けている女の子と

同じだって思って自己嫌悪したり、

そういう思いが込められているセリフだったのかな?

って今は思う。

(って考えすぎ?w)

 




皆川茜はゲスな女?

でも、お兄ちゃんが好きな相手、音楽教師の皆川茜が

ゲスな女だったから

(まだ、確定ではない気もするけど。。)

花火のやる気に火が付いたみたいだったね。

 

皆川茜は元生徒と付き合ってるみたい。

でも、本当は鐘井鳴海(お兄ちゃん)が好き。

好きな人がいるのに他の男と付き合ってることを

何とも思ってもいない。

そんな風に見えたよね。

 

だから、好きなお兄ちゃんを好きで好きで

苦しんでいる花火のやる気に火をつけた

っていうふうに見えた。

ってことは、それまでは、「いつか遂げてみせるよ」

なんて言っておいて、心の底では諦めていたってことだったのかな?

って思ったんだ。

みんなはどう思ったかな?

 




最可と麦

今回、最可は私には麦しかいない!

って言ってたね。

最可はちょっと子供っぽ過ぎて、うざいっていうか、あんまり好きじゃないけど、

でも、一途で自分の気持ちを大事にしているって意味では

いい子だよね。

少なくともスペックで選ぶ子よりは。

 

それと、麦は勃っちゃったところを

花火に見られてしまって焦っていたのが今回ちょっと意外でした。

もっと、経験豊富でそういうことには動じないのかなって思ってたから。

 

花火に触ってもらって、気持ちよさそうにしていて、

誰から見てもかわいい男の子でしたw

 

だけど、好きな皆川茜が他の男と一緒にいても

平気そうにしていて、

花火はそれが気に入らないみたいだったね。

どうして私と同じように感じないの?

って思ったみたいだったけど、、、。

麦は本当に言葉通り、

盲目に皆川茜を信じているのか、

それとも、本当は胸の中では嫉妬の炎が渦巻いているのに、

花火の前では平気なふりを演じていただけだったのか?

 

どっちなのかなぁ?




ブロトピ:アニメの感想を更新したよ♪

『クズの本懐』_アニメ 2話目「そのぬくもりに用がある」、見た?【ネタバレありの感想】

麦にも花火にも自分のことを好きな人がいる

という回でしたね。

ちょっと制作側の計画的な作り方みたいなのが見えたのが

ちょっと気になったかなぁ。

前回は、花火と麦の事情の説明。

今回はお互いのことを好きな人がいるっていう

周りの説明。

みたいな感じ?

順序立てて説明してくれるのは分かりやすいけど、

説明を聞きたいわけじゃなくて

面白い話が見たいっていうか、

花火や麦がどうやって自分たちの想いをかなえていくのかが気になるんだけどなぁ~。

そこの話を進めてほしかったなぁって思った回でした。

 

『クズの本懐』 2話目「そのぬくもりに用がある」、見た?

クズにはクズの想いがあるっていうのがいいよね

このアニメを見ていて、

花火のことをホントにクズだなんて思っている人はいないと思うけど、

好きな人への想いが叶わないそのさみしさを

好きでもない人とつきあうことでごまかして、

キスしたり触れ合ったりすることで

自分の想いを誤魔化している花火と麦は、

自分達のことを責めているみたいだったね。

 

二人とも自分達の関係を後ろめたく思っていて、

麦は花火とエッチしながら、好きな相手(音楽教師の皆川茜)を想像している自分を

冷めた想いで責めているみたいだったし、

花火も同じで、だから麦とエッチしながら泣きそうな顔をしているのかなって思う。




 

そういう状況だから、

そうじゃないホントのクズみたいなお友達代表みたいな(?)登場人物を出してきたのかな?って思った。

好きって言ってるけど、

ホントに好きじゃなくてスペックで相手を選んでるだけのやつを出して、

花火や麦と比較して見せてくれたのかなーって。

(いや、クズっていうほどでもないと私は思っているけどねw)

二人の想いは純粋なんだよって言われてるみたいだったなぁ。

 

設定はすごく好きだし、二人がこれからどうしていくのかが気になるんだけど、

ちょっと見せ方というか話の展開の仕方が

技巧的な感じがしてそこがちょっと鼻についちゃうなぁっていうのも

正直な感想でした。

そんなこときにせず、

話にのめりこませて欲しい!

だって、麦と花火のこと、1話目で見て、応援したくなったんだもんなぁ。

っていう、2話目の感想でしたー。

 




新キャラの最可とえっちゃん

もちろん、新しい二人の登場で話が広がったなぁとも思う。

モカは、麦が好き!っていうのを恥ずかしげもなく出し過ぎていて、

ちょっと面白くはないけど、

えっちゃんは花火のことが好きで、

でも、それじゃ同性愛になっちゃうから口には出せなくて。

そんな悩んでいる姿がやっぱり応援したくなっちゃうよね。

 

えっちゃん、花火が麦に利用されているんじゃないかなんて

ちょっと考えすぎなことを考えていたけど、

(いや、まちがってもないんだけどね。お互い承知して利用し合ってるんだから。)

その花火への想いがえっちゃんを悲しい状況にさせることがないといいなぁって思った。

花火のことを思って言ったことばや行動がかえって花火を傷つけたり、

エッちゃん自身を傷つけちゃったりしなかなってね。

 

なんか、前回に引き続き、文句っぽいこといっぱい書いちゃったけど、

来週も楽しみです♪

 




ブロトピ:アニメの感想を更新したよ♪