『クズの本懐』_アニメ 3話目「Show Me Love (Not A Dream)」、見た?【ネタバレありの感想】

花火を好きな絵鳩早苗が暴走しちゃいましたね。

 

えっちゃん(絵鳩早苗)がなんで花火を好きなのかが分かるエピソードが最初にあって、

すごくえっちゃんに感情移入しちゃいました。

彼女を応援したくなっちゃうけど、

でも、それじゃ花火の本懐がなされなくなっちゃうし、

うーん。むずかしいね。

花火もえっちゃんのことを友達としては好きだけど、

でも、その気持ちには答えてあげられないし、

えっちゃんのことを思うと重たく感じてしまってるようでした。

これから、二人の関係はどうなるのかな?

普通の友達としてやっていけるのかな?

 

『クズの本懐』  3話目「Show Me Love (Not A Dream)」、見た?

花火の「私だって逃げてばかりのくせに」っていうセリフが気になった

最初、花火のこのセリフの意味がよく分からなかったんだよね。

だって、お兄ちゃんのことをあきらめたわけではないんでしょう?

って思ってたから。

 

でも、あの時点では、花火も実はお兄ちゃんとの関係を

少しあきらめ気味だったのかもしれないね。

いつかお兄ちゃんと結ばれたいって思っていても、

どうすればいいのか分からないし、

そんなこと無理だよって、内心あきらめていたのかも。

 

あきらめていたけど、あきらめきれないで

心の中でウジウジ思い続けているだけの自分を、

重たい女だって自己嫌悪したり、

お兄ちゃんと結ばれるために何もできないで、

好きでもない麦と付き合って、逃げている自分を

あのスペックだけで男を選んで二股掛けている女の子と

同じだって思って自己嫌悪したり、

そういう思いが込められているセリフだったのかな?

って今は思う。

(って考えすぎ?w)

 




皆川茜はゲスな女?

でも、お兄ちゃんが好きな相手、音楽教師の皆川茜が

ゲスな女だったから

(まだ、確定ではない気もするけど。。)

花火のやる気に火が付いたみたいだったね。

 

皆川茜は元生徒と付き合ってるみたい。

でも、本当は鐘井鳴海(お兄ちゃん)が好き。

好きな人がいるのに他の男と付き合ってることを

何とも思ってもいない。

そんな風に見えたよね。

 

だから、好きなお兄ちゃんを好きで好きで

苦しんでいる花火のやる気に火をつけた

っていうふうに見えた。

ってことは、それまでは、「いつか遂げてみせるよ」

なんて言っておいて、心の底では諦めていたってことだったのかな?

って思ったんだ。

みんなはどう思ったかな?

 




最可と麦

今回、最可は私には麦しかいない!

って言ってたね。

最可はちょっと子供っぽ過ぎて、うざいっていうか、あんまり好きじゃないけど、

でも、一途で自分の気持ちを大事にしているって意味では

いい子だよね。

少なくともスペックで選ぶ子よりは。

 

それと、麦は勃っちゃったところを

花火に見られてしまって焦っていたのが今回ちょっと意外でした。

もっと、経験豊富でそういうことには動じないのかなって思ってたから。

 

花火に触ってもらって、気持ちよさそうにしていて、

誰から見てもかわいい男の子でしたw

 

だけど、好きな皆川茜が他の男と一緒にいても

平気そうにしていて、

花火はそれが気に入らないみたいだったね。

どうして私と同じように感じないの?

って思ったみたいだったけど、、、。

麦は本当に言葉通り、

盲目に皆川茜を信じているのか、

それとも、本当は胸の中では嫉妬の炎が渦巻いているのに、

花火の前では平気なふりを演じていただけだったのか?

 

どっちなのかなぁ?




ブロトピ:アニメの感想を更新したよ♪

『クズの本懐』_アニメ 2話目「そのぬくもりに用がある」、見た?【ネタバレありの感想】

麦にも花火にも自分のことを好きな人がいる

という回でしたね。

ちょっと制作側の計画的な作り方みたいなのが見えたのが

ちょっと気になったかなぁ。

前回は、花火と麦の事情の説明。

今回はお互いのことを好きな人がいるっていう

周りの説明。

みたいな感じ?

順序立てて説明してくれるのは分かりやすいけど、

説明を聞きたいわけじゃなくて

面白い話が見たいっていうか、

花火や麦がどうやって自分たちの想いをかなえていくのかが気になるんだけどなぁ~。

そこの話を進めてほしかったなぁって思った回でした。

 

『クズの本懐』 2話目「そのぬくもりに用がある」、見た?

クズにはクズの想いがあるっていうのがいいよね

このアニメを見ていて、

花火のことをホントにクズだなんて思っている人はいないと思うけど、

好きな人への想いが叶わないそのさみしさを

好きでもない人とつきあうことでごまかして、

キスしたり触れ合ったりすることで

自分の想いを誤魔化している花火と麦は、

自分達のことを責めているみたいだったね。

 

二人とも自分達の関係を後ろめたく思っていて、

麦は花火とエッチしながら、好きな相手(音楽教師の皆川茜)を想像している自分を

冷めた想いで責めているみたいだったし、

花火も同じで、だから麦とエッチしながら泣きそうな顔をしているのかなって思う。




 

そういう状況だから、

そうじゃないホントのクズみたいなお友達代表みたいな(?)登場人物を出してきたのかな?って思った。

好きって言ってるけど、

ホントに好きじゃなくてスペックで相手を選んでるだけのやつを出して、

花火や麦と比較して見せてくれたのかなーって。

(いや、クズっていうほどでもないと私は思っているけどねw)

二人の想いは純粋なんだよって言われてるみたいだったなぁ。

 

設定はすごく好きだし、二人がこれからどうしていくのかが気になるんだけど、

ちょっと見せ方というか話の展開の仕方が

技巧的な感じがしてそこがちょっと鼻についちゃうなぁっていうのも

正直な感想でした。

そんなこときにせず、

話にのめりこませて欲しい!

だって、麦と花火のこと、1話目で見て、応援したくなったんだもんなぁ。

っていう、2話目の感想でしたー。

 




新キャラの最可とえっちゃん

もちろん、新しい二人の登場で話が広がったなぁとも思う。

モカは、麦が好き!っていうのを恥ずかしげもなく出し過ぎていて、

ちょっと面白くはないけど、

えっちゃんは花火のことが好きで、

でも、それじゃ同性愛になっちゃうから口には出せなくて。

そんな悩んでいる姿がやっぱり応援したくなっちゃうよね。

 

えっちゃん、花火が麦に利用されているんじゃないかなんて

ちょっと考えすぎなことを考えていたけど、

(いや、まちがってもないんだけどね。お互い承知して利用し合ってるんだから。)

その花火への想いがえっちゃんを悲しい状況にさせることがないといいなぁって思った。

花火のことを思って言ったことばや行動がかえって花火を傷つけたり、

エッちゃん自身を傷つけちゃったりしなかなってね。

 

なんか、前回に引き続き、文句っぽいこといっぱい書いちゃったけど、

来週も楽しみです♪

 




ブロトピ:アニメの感想を更新したよ♪

第12話 「臭い飯」相棒15見た?【ネタバレありの感想】

今回は、久しぶりに相棒らしいメッセージのあるドラマだったなぁって気がしたなぁ。

前科者に寛容でない社会。

一度犯罪を犯した者は、たとえ自分が正しくて相手が間違っていても

理不尽に虐げられるのを我慢しなくてはならない社会。

そういった社会を批判している面もあり

たとえそういう社会であっても、

ルールを破っていいという理由にはならないんだよと、

そういった厳しいことを言っている面もあり。

相棒ってこういうテーマ性をいつも持っている社会派のドラマであってほしいよね。

 

TV asahiで毎週水曜の夜9時放送の相棒15 第12話 「臭い飯」みんな見た?

 

まずは話のあらすじです

大手企業の食品偽装疑惑を白骨化した遺体が告発!?
カギを握るしたたかな累犯受刑者が右京と亘を翻弄する!

郊外の廃倉庫で白骨化した遺体が発見され、捜査一課に捜査要請が入るが、骨だけでは調べようがないため、特命係が捜査を押しつけられる。骨の発見現場にやってきた右京(水谷豊)と亘(反町隆史)は、廃品に紛れた遺留品から米の入った袋と紙片を発見。その紙片には、「大手米穀販売会社・タキガワが、主食用の米に加工用米を混ぜて販売している」という主旨の告発が書かれていた。また、骨髄から摘出したDNAの型から、遺体の人物に前科があったことが判明。遺体は、蜂矢(稲健二)という中年男性で、3年の服役の後、協力雇用主制度を利用してタキガワに再就職した人物だった。協力雇用主制度とは、元受刑者の社会復帰を促すために、彼らを雇用した企業に補助金が支給される仕組み。亘が法務省時代、策定にかかわった制度でもあった。

蜂矢は、タキガワの不正を告発しようとして殺されたのではないかという疑惑が浮上する中、右京はタキガワで雇用されていた元受刑者のリストから、蜂矢の失踪と同時期に「逮捕による懲戒処分」という理由で退職している人物を発見。問題の男は、塀の中と外を行ったり来たりしている、亀井(笹野高史)という年老いた累犯受刑者だった。右京と亘は、刑務所を訪れて亀井から話を聞くが、「自分は殺しとは関係ない」と言うばかりで要領を得ない。いっぽう、亘が行きつけにしているレストランの女性オーナーシェフ・しおり(入山法子)にも疑惑が。しおりは、食材アドバイザーとしてタキガワの経営にもかかわっていたのだが、食品偽装の疑いが持ち上がる直前、タイミング良くタキガワから身を引いていた。そんな中、右京と亘は刑期を終えて出所してきた亀井に接触。しかし、亀井は特命係の2人ですら手を焼く老かいな人物で…!?

元受刑者の死と食品偽装疑惑の繋がりとは?
亘が入れあげる女性シェフにも“ある秘密”が!?
特命係が社会のひずみでもがく人々の思いに切り込む!

ゲスト:笹野高史 入山法子

公式ホームページから引用→http://www.tv-asahi.co.jp/aibou/contents/story/0011/




まじめな受刑者と、したたかな累犯受刑者

今回、最初のうちあんまり話に入っていけなかったんだよね。

白骨化しちゃった死体の事件って言っても、

死因も分からないんじゃ、よくわからないなぁって思って。

それに、食品偽装が話の鍵なのかなって匂わせてきたけど、

そっちもあんまり面白そうじゃないなって思ったんだよね。

 

でも、白骨化しちゃった男性が、

元受刑者だけど、まじめに働いて、

家族との関係を取り戻したいと思っていたこと。

それと、特命係の二人が話を聞きに行った、

亀井っていうふざけたおじいちゃん前科者。

最初は真面目に生きるのをあきらめちゃってて、

どうしようもない人なって思ったんだよね。

 

白骨化しちゃったあのまじめな受刑者と全然違うって思ったのに、

実は、亀井っておじいちゃんも本当は

家族の元に戻りたいって思っていて、

でも、それが叶わない現実に、悔しい思いをしていたんだなって分かると

急に面白くなってきたんだよね。

 

現実を受け入れて、全てをあきらめちゃったような生き方をすることで、

理想や夢とのギャップでやりきれない思いを

我慢してきたんだなって気づくんだよね。

 

でも、自分のことは我慢できても、

目の前で頑張ってきた蜂谷って男が社長に理不尽な目にあわされて

自殺しちゃったのは我慢できなくなって、

それで自分にとっては何の得もないのに、

死体を使って社長を罠にはめるようなことをしたんだね。

 

正しいことを言ったのに、不正をしていた社長に自殺に追いやられた男の悔しい思いと、

本当は家族の元に戻りたいのに、社会のせいでもどれないかわいそうなおじいちゃんの想いがすごく感じられて、

自殺した男の死体をおじいちゃんが発見しったシーンは、

印象的でした。

 

今回は、右京さんのお説教も、

優しく諭す用で、

良かったなぁ^^

 




次回は2月1日なんだね

来週は一回お休みで、次回は2月1日の水曜日放送だそうです。

2週連続で、劇場版に関連するお話を見せてくれるということで、

とても楽しみだなぁ♪

特に、あの鑑識の米沢守と、もと相棒の神戸尊も登場するということで、

期待大だよね!

 

たぶん、2月1日と2月8日の回で今シーズンの相棒はおしまいかな?

映画版につながる話ということで、

 

 

スケールの大きな話になりそうなんだけど、

ところで、青木と衣笠副総監の

特命係を消滅させる陰謀はどうなったんだろう?

次回の話に盛り込まれるのかな?

それとも次シーズンに持ち越しかな?

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

相棒15の3話よりも前の感想はこちら↓

http://fanblogs.jp/sukisukisukisuki/category_3/

です。

相棒のネタバレありの感想やその他のドラマやアニメ、映画の感想を書いています。

どうぞよろしくお願いします_(_ _)_

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

ブロトピ:今日のブログ更新

ブロトピ:テレビドラマの感想を更新したらここ!

『クズの本懐』_アニメ 1話目「望み叶え給え」、見た?【ネタバレありの感想】

「クズの本懐」ってタイトルに惹かれて見始めました。

全然、どんなストーリーなのか知らなかったので、

見始めるまで、「クズ」ってどんな「クズ」なのかなぁって思ってました。

 

人の嫌がることをしたり、犯罪をするような主人公を想像していたけど、

そうじゃなくて、好きな人がいるのに、

自分の恋が叶いそうもないからと、

他の男と身体だけの関係を持ってしまっているから

「クズ」なんですね。

まぁ、最後まではしてないけどw

 

予想していたのとは違ったけど、

でも、このシチュエーションというか、設定が私にはとても面白く感じたので、

見ることにしました。

予想と違ったけど、予想していたのよりも、ずっと良かったなっていうのが

正直な感想です ^-^

 

『クズの本懐』 1話目 「望み叶え給え」、見た?




1話目は主人公の状況説明って感じの話でしたね。

どうして、安良岡が「クズ」になったのか?

初恋の相手のことを好きだったから、

その気持ちが強かったから「クズ」になってしまったっていう、

そのせつないシチュエーションがいいよね。

好きな相手に、他に好きな人がいるときづいてしまった。

しかも、同じ状況の異性(むぎ)が同じクラスにいた。

同じ状況の者同士、一緒にいる時間がながくなり、

お互いにお互いを慰め合う関係になってしまった。

 

でも、これって主人公の安良岡が処女だから成り立つ設定だよなぁとも思う。

だって、大人だったら、けっこう普通にあることなんじゃないかな?

好きじゃない人と付き合うってこと。

他に好きな人がいるけど、恋が叶わないから、

結婚相手としては不向きだから、

自分の心に蓋をして、他の人と付き合ったり結婚したり。

でも、初めての恋を忘れられない安良岡にとって、

そんなこと考えられないよね

 

麦とエッチしているときも、

好きなお兄ちゃんのことを考えて

麦の手をお兄ちゃんの手だと思い込もうと努力して、

でも、お兄ちゃんがしてくれないこと、

本当は私がしたいことを今、麦としてしまっている事実を

本当は分かっていて、だから(ごめんなさい)なんて心の中でつぶやいて、

自分と同じように本当に好きな人が他にいる麦に、

自分とエッチしているって思われたくない、

自分は麦の好きな人の身代わりになれているかなって

心配したり、

そんな悲しい初めてのエッチ、せつないよね。

そんな、切ない状況のなか、安良岡がこれからどうしていくのかなって

私は気になりました。



これから安良岡はどうするの?

麦の提案で、付き合っていることにした安良岡。

お互いに好きにならないこと。

どちらかが本命と上手く行ったら別れること。

「気持ち以外は君の物」

さみしい者同士慰めあう関係。

高校生がそんなさみしい状況になってしまうなんて。。

 

でも、最後に安良岡は

「遂げてみせるよ、クズの本懐」

って心のの中で言ったんだよね。

 

このまま、ずっと慰め合ってるだけのつもりはないって

その覚悟というか、やる気みたいなものがあるのかなって思ったんだよね。

 

これから、具体的に何をするつもりなんだろう?

具体的に何をするのか、まだわかってないのかもしれないけど、

最後にはどうなりたいって思ってるんだろう?

お兄ちゃんと、付き合う、結婚する、そう思ってるのかな?

それが「クズの本懐」なのかな?

 

でも、お兄ちゃんはあの女性教師が好きみたいだし、

二人が上手くいかなかったからと言って、

安良岡のことはノーマークな感じもするし、

どうやって、「クズの本懐」を遂げるのか?

とっても気になりました^^

 




ブロトピ:アニメの感想を更新したよ♪

第11話 「アンタッチャブル」相棒15見た?【ネタバレありの感想】

今回は、中園参事官がおいしい感じのお話でしたね^^

それと、青木が衣笠副総監と特命係をつぶす計画を立てている

嫌な予感をさせてくれるお話で、

これから先の展開を匂わせてくれました。

でも、そういう伏線的なことよりも、

衣笠副総監の娘さんと、

特命係との交流が良かったなーっていうお話でもありました。

TV asahiで毎週水曜の夜9時放送の相棒15 第11話 「アンタッチャブル」みんな見た?

 

まずは話のあらすじです

唯一の目撃者は警視庁ナンバー2の愛娘!?
特命係が手掛かり無き殺人事件に挑む!

都内の裏通りで会社員の男性が刺殺される事件が発生。犯人の遺留品はなく、捜査が難航する中、有力な目撃者が現れる。しかし、その人物が警察上層部の家族で、中学生の少女ということが分かり、捜査本部にも接触禁止が厳命される。それを受け、刑事部長の内村(片桐竜次)は、自分に火の粉が及ばないよう、あらかじめ特命係に事件とかかわらないよう釘を刺す。ところが、そんなことはお構いなしの右京(水谷豊)と亘(反町隆史)は、さっそく事件現場に足を向ける。周辺の状況を確認した右京は、現場は人通りの少ない通りで、近くにコンビニなどもないことから、目撃者である少女はどこに向かおうとしていたのか気になる。すると、事件現場付近の空き家に中学生ぐらいの少年少女がたむろしているのを発見し、注意する。その中には、事件の目撃者である里奈(桜田ひより)の姿もあった。そんな中、中園(小野了)は、事件が起きた日が被害者の娘の誕生日だったことを知り、同じく娘を持つ父親という自身の境遇を重ね、事件の早期解決と上層部の命令との板挟みに苦悩する。実は、中園たちが頑なに口を閉ざしている目撃者・里奈の父親とは、警視庁副総監である衣笠(大杉漣)であった。さらに、その事件の背後で“ある人物”が特命係の存続にかかわる危険な裏工作を進めはじめて…!?

目撃者の少女との接触を禁じられ事件は迷宮入り…!?
そんな中、意外な人物が真相解明の突破口を開く!
そして、この事件をきっかけに特命係が“終わりの始まり”を迎える!?

ゲスト:桜田ひより

公式ホームページから引用→http://www.tv-asahi.co.jp/aibou/contents/story/0011/




だんだんと心を開いていく中学生の目撃者

父親の愛を感じられないせいか、

空き家でたむろして、タバコを吸ったりと

見た目に似合わずちょっと素行の良くない、

目撃者の中学生の女の子。

最初は、杉下右京と冠城亘を

警察だというだけで毛嫌いしていたのに、

自販機の前で、

だんだんと自分の記憶がよみがえってきたあたりから

心を開き始めていたよね。

 

最後には、自分からホームセンターに行って、

犯人を捜したりと、

捜査に協力的というか、

積極的になって、

そういう心の動きが感じられるのって、

見ていてすごく面白いよね。

 

最後は、犯人に襲われそうになって、

でも、事件を解決に導くことが出来て、

感極まって泣いちゃってたね。

 

なんか、すごく良かったなーって思った。

この出来事がきっかけで、

タバコ吸ったり、良くない友達と行動したりするのも

すこしずつ、やめていくようになるんじゃなかなって

思った。

 

あとは、父親との関係も良くなるといいんだけど、

それは難しそうなのがかわいそうだよね ^^;

 




中園参事官が内村刑事部長に逆らった

 

いつも内村刑事部長のよいしょばかりしている中園参事官。

めずらしく、男気を見せて

逆らっていたね。

まぁ、逆らったと言っても、表立って逆らったわけじゃないし、

特命係を利用しただけなんだけど。

さらには、自分の出世にもつながるような感じにしていたしね。

でも、それでも「初心に帰れ!犯人逮捕が最優先だ!」

なんて廊下で一人言っていたのはカッコ良かったな ^^

 

だけど、内村刑事部長がいつか失脚してしまったら、

名物コンビが消えてしまうことになっちゃうから、

それはそれでさみしいなぁ。

相棒は、良いキャラたちが消えていってしまってばかりだから、

正直、残ってる人たちは大事にしてほしいですw

まぁ、すぐに消えることはないだろうし、私の杞憂だろうけど。




特命係を消滅させる計画進行中?

 

 

サイバーセキュリティ対策本部の青木年男は最初から

杉下さん達に復讐するつもりで警察に入ってきていたけど、

衣笠副総監とのコネがこういう形で繋がってくるんだなぁって思った。

前回の話でも、衣笠副総監が

自分の出世の道を断たれたみたいな感じになっていて、

より、特命係に復讐する気にさせるような展開だったよね。

 

衣笠副総監、青木年男、この二人が

これからどんなふうに特命係をつぶしにかかってくるのか、

そして、杉下さん達はどうやって

この二人の復讐に立ち向かうのか?

うーん。面白くなりそうな予感^^

 

まさか、杉下さんが負けちゃって

特命係がなくなってしまうなんてことないよね?w

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

相棒15の3話よりも前の感想はこちら↓

http://fanblogs.jp/sukisukisukisuki/category_3/

です。

相棒のネタバレありの感想やその他のドラマやアニメ、映画の感想を書いています。

どうぞよろしくお願いします_(_ _)_

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

ブロトピ:今日のブログ更新

ブロトピ:テレビドラマの感想を更新したらここ!