映画「昼顔」みんな見た?【ネタバレありの感想】

Pocket

テレビドラマ「昼顔」を見ていたので、映画版も気になっていました。

毎週楽しみにしていたあの昼顔映画になってかえってきた!

でも、完全に別れた(別れさせられた)2人が、今さらまた不倫するの?

不倫に未来はないのに!?

って、いったいどんな話になるのか、これもまたドキドキで見始めたら。。。


————————————–
映画「昼顔」 Blu-ray
—————————————
昼顔 Blu-ray豪華版【Blu-ray】 [ 上戸彩 ]
—————————————

ここから先はネタバレありの感想なので、これから見ようかなーって思っている人は、注意して読んでね。

最初、映画を見る前は主人公の紗和(上戸彩)が北野裕一郎(斎藤工)とまた不倫するってちょっと不自然じゃない?って思ってたんだけど、映画見てたらそんな違和感なかったねw

偶然でも、相手の居場所が分かったら、そして自分が一人さみしい生活を送っていたら、せめて気づかれないように(顔を見るだけ)って思ってしまってもおかしくないよね。

2人が出会って、そして蛍の川で逢引きするようになって、毎週毎週あってるシーン、すごくドキドキして良かった!

紗和の会っても、「一言も会話をせず、触れることもなく」みたいなナレーションもソソった!ww

いけない恋、許されない恋ってどうしてこんなにドキドキさせてくれるんだろうねw

お互い好きで、毎週あってるのに、会話も触れることもできないなんて、、、。

そして、これからどうやって結ばれるのかな?

いつ、二人はシちゃうんだろう?!

って、思いながら見ているときが一番面白かったなー。

こういうところでドキドキしたくて見るお話だよね、「昼顔」は ^-^

 

でも、このドキドキは意外と短くて、すぐに北野先生の奥さん乃里子(伊藤 歩)に見つかってしまった。

見つかってしまった時に、乃里子さんが言っていた、「純愛ごっこでもしてるつもり?」っていうセリフがすごく刺さった。

それと、一人部屋に置き去りにされた乃里子さんが泣いてるシーンも、すごく嫌なものが胸に残ったっていうか、ホント、不倫って良くないなって思った。

あと、「純愛」って言葉が示しているように、北野先生が完全に紗和のものになって同棲しだしたあたりから、(あれ?これじゃ「昼顔」じゃなくない?不倫のドキドキが楽しいのに。。)ってちょっと思ったw

不倫はいけないことだってわかってるけど、いけないことしてるからドキドキして楽しいっていうのはあるよね。

自分にはできないこと、やっちゃいけないことだから、テレビドラマとか映画でドキドキさせてほしいんだよねー。

そうそう、あと THE 昼顔の滝川 利佳子(吉瀬美智子)と加藤 修(北村一輝)は今回の映画に出てこないんだね。

あれこそ、まさに不倫。まさに昼顔の女!って感じだったけどw

そして北野先生と紗和がもう問題なく結ばれるだろうって感じたあたりから、映画は不倫をしたらこうなるよって感じの展開に。

あの、紗和のバイト先の同僚とオーナー。すごくむかついたw

オーナーが、「紗和ちゃんが不倫していたって言葉らしたの俺」とか、しれっといった時、(分かってるよ!お前しかいないだろ!!)って心の中で言い返してた。

それに、バイト先の同僚の二人、あからさまないじめだし。

不倫したからってそんな意地悪しなくてよくない?(怒)

ってすごくむかついた。

でも、実際にはあるのかな?

やっぱり不倫とか道徳に違反した人間を、明確に攻撃する人っているのかな?とも思った。

まだ、オーナーは、自分が不倫の被害者だって言ってたから、他人にばらすくらいはする人いるかな?とは思うけど。

いままで普通に友達だった人があんな風に急に態度を変えたりすることがあるのかもしれないって思ったら、やっぱり不倫はいけないことだって思った。

まぁ、最後は誤ってくれたけどさ。(オーナーは。←バイト先の友達についてはなぜ紗和があんなふうに許せたのかが理解できない、心の狭い私ですw ストーリー展開的には不自然ではないし、引っかかるようなところじゃないんだけどさ。)

不倫はしてはいけないといえば、あの乃里子の狂い方が最後特にそう思わせてくれたよね。

まさか、頚椎を痛めたのが実は飛び降り自殺だったとは!!

びっくりというか、驚愕です ((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

最後に自動車で無理心中して、さらに自分だけ生き残って紗和に「殺したのはあんたよ。」「私は一生恨むから」なんて酷い言葉を吐いて、見た目もおばけみたいになってたし、超怖かった。

でも、たしか不倫がばれてホテルに三人で言った時だったけど、乃里子が「こんな私にしたのはあんたでしょ!」って言ってたよね。

酷い女!って思ったけど、たしかに悪いことしたのは二人だし、乃里子さんは本当ならただの被害者なわけだし、不倫をすると周りの人間をこんなにも変えてしまうんだなって、そう思うと、本当に怖いし、不倫はいけないなって、こればっかりいっちゃうけど、ホントそう思った映画でした。

 

ブロトピ:映画ブログ更新

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です