「○○な人の末路」#8 言いたい事が言えなかった人の末路【ネタばれありの感想】

日テレで毎週月曜の深夜24:59~放送のドラマ「○○な人の末路」、皆さん、見てますか?

今回は、言いたい事が言えなかった人の末路のお話。

今回の話、なんか私的にはとても面白かったなー。

なんだろ?どんどんと色んな問題が起こってくる感じだったから、引き込まれたのかなー?


————————————————
入山法子主演「ハナばあちゃん」 [DVD]

と、まずは公式ホームページからあらすじの引用です。

17年ぶりに再会した賢太(横尾渉)葉一(宮田俊哉)利樹(二階堂高嗣)竹雪(千賀健永)ら4人。葉一と利樹は少し言葉を交わし合うがそれでもぎこちない。

そんな中、百子(黒川智花)に好意を持ち始めている葉一は、映画デートに誘う事に成功するが、百子にはまだ葉一に打ち明けていない秘密があった。

一方、利樹はスローライフを目指し田舎に引っ越したものの、早朝から訪ねてくる隣人・安恵(青木さやか)ら田舎の人々に圧倒され、田舎の暮らしも大変だと千鶴(入山法子)に愚痴をこぼす。しかし、利樹は仕事で度々東京へ行き、田舎でコミュニケーションをとっているのは千鶴。夫・利樹の考えを尊重し続け、言いたい事が言えなかった千鶴の末路とは…?

そして、4人の小学校時代の過去が
明らかになっていく。

ここからさきはネタバレありの感想なので、まだドラマを見ていない人は、気を付けてみて下さい ^^

続きを読む

「○○な人の末路」#7 自分を探し続けた人の末路【ネタばれありの感想】

日テレで毎週月曜の深夜24:59~放送のドラマ「○○な人の末路」、皆さん、見てますか?

今回は、自分を探し続けた人の末路のお話。

仮想通貨で億り人になった賢太(横尾渉)の婚約者、千枝(小島藤子)がメインのお話。


——————————–
小島藤子 写真集 『 FUJIKO 』

だけど、けっこう賢太と竹雪(千賀健永)のお話の続きって感じでもあったね。

では、まずは公式ホームページからあらすじ引用です。

 

賢太(横尾渉)葉一(宮田俊哉)利樹(二階堂高嗣)竹雪(千賀健永)が17年ぶりに再会。小学校時代の同級生だったが「会いたくなかった」という賢太と竹雪。
そんな中、竹雪はアパートの前の住人で病死した女性が自分と同じ舞台役者だったことを知り、事故物件に対する気持ちが変わり始める。
一方、結婚式プランの言い争いから賢太からの連絡をスルーし続けていた婚約者・千枝(小島藤子)は自分を見つめ直す旅に出ていたという。昔から自分探しといっては旅に出る癖があった千枝の末路とは・・・。

そして、4人の末路が交錯していく・・・。

ここからさきはネタバレありの感想なので、まだドラマを見ていない人は注意してみてね。

続きを読む

「未解決の女」8話目【ネタばれありの感想】

tv asahi の木曜ドラマ「未解決の女」、皆さん見てましたかー?

終わっちゃいましたねー。

最終回の今回、意外な犯人にびっくり!

そしてちょっと悔しい終わり方したなーっていうのと、でもセカンドシーズンのためにいろいろ宿題を残してくれたなーっていう感じでしたね ^^


————————————-
ドラマ「未解決の女」主題歌 – 平井堅『知らないんでしょ?』

まずは公式ホームページからあらすじの引用です。

百々瀬佐智(谷村美月)を誘拐し、その父・百々瀬博昭(石黒賢)から身代金をせしめて逃亡した秋田昇(岡田浩暉)が、「特命捜査対策室」第6係の熱血刑事・矢代朋(波瑠)を銃で撃って逃走した! まもなく、朋を撃った拳銃と、4日前に藤枝信也(長谷川朝晴)を撃った拳銃が同じものだと判明。どちらも秋田の犯行だったと裏付けられる。

しかし同時に、不穏な情報も浮かび上がる。なんと使用された拳銃は、科捜研で15年前に登録されている晴海東署のものと同じだったのだ! それが事実ならば、警察の威信にかかわる大問題になってしまう…。「特命捜査対策室」室長・古賀清成(沢村一樹)は取り急ぎ、部下たちに箝口令を発令。そんな古賀の前に再び、元刑事局長・野々村慎太郎(岩城滉一)が現れ…。

その矢先、秋田が潜伏先のホテルで、何者かに胸を刺されて死亡。秋田の自宅からは、思わぬものが見つかる。それは、藤枝の遺体発見現場に落ちていた二千円札と続き番号の札――ともに15年前の三億円強奪事件で3人組の犯人に盗まれたものだった! 仮に秋田と藤枝が三億円強奪事件の犯人だったとしたら…2人を殺したのは残る1人の犯人という可能性もある。無事解放された佐智からも話を聞きながら、絡み合う事件の真相を追い求めていくことに。そんな中、三億円強奪事件の捜査資料に目を通した文字フェチ刑事・理沙(鈴木京香)は、ある筆跡に違和感を覚える。

何度も見立てが覆り、二転三転する捜査。そんな中、一連の事件の背景に“言葉を使った驚愕のからくり”が浮かび上がる――。

ここから先はネタバレありの感想です。まだドラマを見ていない方はご注意ください ^-^

続きを読む