「運命のホロクロン」スターウォーズ反乱者たち/シーズン3 見た?!【ネタばれありの感想】

スターウォーズのアニメシリーズ「反乱者たち」のシーズン3、「運命のホロクロン」の感想です。

 


スター・ウォーズ 反乱者たち シーズン2 BDコンプリート・セット [Blu-ray]

ダースモールの登場は嬉しかったけど…

ダースモールが大好きなので、登場する今回はとても楽しみでした!

だけど、今回のダースモールは良いところがないって感じでしたね。

 

ヘラやサビーヌたちを人質にしてケイナンとエズラにホロクロンを要求するのもがっかりだったし、戦闘シーンは全然なくて、ケイナンをだまして宇宙に放り出すのもがっかりだった T-T

もうちょっと正々堂々と戦ってほしかったなぁ。。

そんな卑怯なことばかりしているのに、エズラを我が弟子みたいに呼ばないでほしい…くらい思ってしまいました。

まぁ、悪者だって分かってるし、おじいちゃんになっちゃってから相手をだましてばかりの卑怯者になっちゃったのは分かってるんだけど。。。

オビ=ワンに身体を2つに切り裂かれた恨みに燃える姿や、

蜘蛛の身体と合体して惨めな生き方をしていた悲愴や、

弟を殺されてしまった時の怒りと悲しみや、

そういった、悪者だけど感情が激しくて、

苦難に満ちた運命に苦しみながらも、自分の力で生き抜こうともがいているその姿がカッコいいなぁ!って思ってたんだけどなぁ。。。

 

そんな私としてはちょっとがっかりな回でした。

 

双子の太陽ってなに?

ダースモールとエズラが二人でシスとジェダイのホロクロンを開いたときに聞いた声、それにエズラが見たって言う映像、あれって何だったんだろうね?

エズラには意味が分からなかったみたいだけど、ダースモールには意味が分かったみたいだった。。

双子の太陽とか何とか言ってたけど、どういう意味?

双子っていうと、すぐにルークとレイアを思い浮かべてしまうけど。。。

ダースモールって二人のことを知っているの???

あの二人のことだとして、ダースモールはいったい何をする気なんだろう?

 

先がすごく気になる終わり方だったね。




ブロトピ:アニメの感想を更新したよ♪

「影の中へ パート2」スターウォーズ反乱者たち/シーズン3 見た?!【ネタばれありの感想】

D-Lifeで放送しているスターウォーズのアニメシリーズ「反乱者たち」のシーズン3、「影の中へ」の後半の感想です。

 


スター・ウォーズ 反乱者たち シーズン2 BDコンプリート・セット [Blu-ray]

思ったよりもエズラもケイナンもすぐに仲直り

偵察が作戦の目的だったはずなのに、エズラが強引にYウイング奪還すると目的を変更。

仲間も自分も危険にさらしてしまうというお話。

今回、ケイナンが助けに来なければ、エズラ死んでたよね ^^;

 

まぁ、ジェダイの騎士たちっていつも、そういう危ないシチュエーションにしょっちゅ遭ってるといえばそうだけど。。。

でも、反乱軍たちがYウイングを奪いに来ることは帝国側に予想されていたし、

エズラの判断ミスは致命的だったよね。

 

だから、エズラが反省するのも納得できるし、

ケイナンがベンドゥのお陰で仲間を避けている自分に気付いて、

それを反省したのも分かるけど、

あまりにもすぐに二人が仲直り出来ちゃったのが、

あんなに二人の距離が離れていたのに、ずいぶんあっけないな。。。

ってちょっと思った。

 

でも、やっぱりケイナンとエズラが二人で力を合わせて

帝国とたたかっていく姿を見たいし、これで良かったんだろうね^^

 

今にも宇宙ステーションと一緒に墜落しそうなエズラを

ケイナンとヘラが助けるシーンは、

主人公なんだから、助かるに決まってるとは思っていても、

ドキドキハラハラしました^^

 




ブロトピ:アニメの感想を更新したよ♪

「影の中へ パート1」スターウォーズ反乱者たち/シーズン3 見た?!【ネタばれありの感想】

スターウォーズのアニメシリーズ「反乱者たち」のシーズン3がD-Lifeで放送始まったね!
ちょっと遅いけど、また感想を書いていこうかなぁって思います!


スター・ウォーズ 反乱者たち シーズン2 BDコンプリート・セット [Blu-ray]

強く成長したエズラ!でも…

エズラ、強くたくましくなってたよね!

苦手だった敵の心を操る術もマスターしてたし、リーダーとしてみんなを引っ張っていくんだ!ってやる気に満ちていたし、頼りになる強い仲間って感じになってた ^-^

でも、ダークサイドに堕ちそうな気配もプンプンで、ちょっと悲しかったなぁ。。。

 

最初にちょっとおかしいなって思ったのは、

心を操った時に、ケイナンに教わったの?って聞かれて

「ケイナンじゃない」

って答えていた時。

(え?!じゃあ誰に教わったんだろ?)

って思ったんだよね。

自分で体得したってことかな?とも思ったけど、

実はあのシスのホロクラムから教わっていたなんて、びっくりだった(◎_◎;)

エズラ、なんてことを!(゚Д゚;)

っていうか、ケイナンもそんな危ないものを子供に預けっぱなしにしちゃだめじゃん!

 

エズラ、シーズン3の最期にはダークサイドに堕ちちゃうのかな?

それとも死んじゃうのかなぁ?

だって、「反乱者たち」は、エピソード3と4の間の物語だけど、4以降でエズラ達って出てこないものね。

このシーズンの最期にはなにか大きな出来事がきっと怒るんじゃないかなぁって個人的に勝手に思っています。

 

ケイナンが出会ったジェダイでもシスでもない者

ベンドゥという、巨大な牛のようなヘラジカのようなキャラ。

ジェダイでもシスでもないけど、フォースの使い手みたいだね。

ジェダイとシスの中間の存在って言っていたのかな?

今までにもジェダイやシスではないけど、フォースを感じている種族とかいたけど、新キャラ登場でちょっと感動っていうか、興奮した!

視覚を失ったケイナンが、これからどう成長していくのか、そのカギを握っているようだけど。。

どんな風に、そしてどんなことを教えてくれるのかな?

ワクワクするよね!

 




ブロトピ:アニメの感想を更新したよ♪

相棒劇場版Ⅳ 首都クライシス 見た?【ネタバレありの感想】

結局見てきちゃいました^^

久しぶりに邦画を映画館で見たな~。

けっこう面白かったです。

映画館じゃなくて、DVDでも良かったかなとも思うけど、

でも、家で見るのと、劇場で見るのとって気持ちが違うよね。

 

面白くて満足だったけど、

1つだけ気になったのは、

相棒15の13話と14話とほとんど話の接点ない気がするんだよね。

少なくとも、事件は全く別物だったね ^^;

そこだけ(あれっ?)てなったなw

 

TV asahiで毎週水曜の夜9時放送の相棒15 第14話 「声なき者~突入」みんな見た?

 

まずは話のあらすじです

7年前、英国で日本領事館関係者の凄惨な集団毒殺事件が起こり、その唯一の生き残りだった少女が国際犯罪組織によって誘拐された。しかし、当時の駐英大使と日本政府は“高度な政治的判断”によって、その誘拐事件を闇に葬っていた——。
 それから7年。国際犯罪組織バーズのリーダー=レイブンを長年追ってきた国連犯罪情報事務局・元理事のマーク・リュウが、日本にレイブンが潜伏しているという情報を得て香港から来日。特命係の杉下右京と冠城亘は、社美彌子からの指示で、案内役としてそのリュウに同行していた。その矢先、リュウの部下が、「天谷克則という男を調べてくれ」というメッセージを残し、首に黒い羽のタトゥーを入れた“黒衣の男”に殺害された。
 外務省のホームページをハッキングした犯行グループは、7年前に誘拐した少女=鷺沢瑛里佳の現在の姿を動画で公開した。「7年前、日本政府は我々の要求を無視した。今回拒否すれば、大勢の人々が見守る中で、日本人の誇りが砕け散るだろう」というメッセージと約9億円の身代金を要求した。誘拐事件の全貌が明らかになって、騒然とするマスコミ。特命係の2人は捜査一課の面々、元鑑識の米沢守、警察庁の神戸尊らを巻き込みながら、事件解決へと独自に動き出す。
 東京では、世界の要人を招いて国際平和会議が開かれようとしていた。国際社会に向けて“テロに屈しない国家”であることを示さなければいけない日本政府。今回の要求も無視されることになれば“国から二度棄てられる”ことになる少女。様々な思惑が交錯する中、杉下右京は犯人グループの真の標的に近づきつつあった。リュウが被害者の一人となった異物混入事件の物証から、犯行グループが50万人分の致死量がある毒物を所有していることが判明。
「大勢の人々が見守る中で、日本人の誇りが砕け散る」。東京・銀座に50万人以上の見物客が集まる世界スポーツ競技大会の日本選手団の凱旋パレードへの無差別大量テロだった。
 事件の鍵を握る“天谷克則”とは一体何者なのか? “黒衣の男”の正体は国際犯罪組織バーズのリーダー=レイブンなのか? そして、事件の首謀者レイブンの本当の目的とは? 日本中が歓喜に包まれた凱旋パレードの真っ只中、遂に杉下右京は真犯人を追い詰める! しかし、その先には誰も想像してなかった“真相”と“未来”が待ち受けていた——。

公式ホームページから引用→http://www.aibou-movie.jp/story/index.html




レイブンの過去が可哀想すぎる

冒頭のシーンで

雨の中逃げ回っていた国連犯罪情報事務局の職員が

銃で殺されてしまうという

緊迫したシーンから始まって、

すぐに映画の世界に引き込まれていっちゃうんだよね。

 

殺したのはレイブンっていう

国際犯罪組織のリーダー。

これで、凶悪な犯罪者ってイメージがつくんだけど、

杉下右京の捜査で

彼の過去が明らかになると、

なんて可哀想な人なんだって

すごく感情移入しちゃうんだよね。

 

戦争があった時代に、

こんなひどいことが行われていたなんて。

政府は、国民の命を何だと思っているんだ!

って怒りがわくし、

悲惨な運命の子供たちや民間人に同情させられちゃう。

 

さらには、今回の身代金要求を

テロには屈しないのが国際社会のルールとして

はねのける政府の態度や考えが

子供の命、国民の命を何も考えていないのが

見え見えで超ムカつくんだよね。

 

あの、総理大臣たちが集まって

身代金を払わないことにすると決めたときの

会議、すごい腹がたったよ(# ゚Д゚)

 




米沢守の出演がやっぱり嬉しい♪

映画館で見るの久しぶりって書いたけど、

映画を見ていて、

米沢守が登場すると、

場内に笑い声がするんだよね ^-^

 

あと、杉下右京と冠城亘のやり取りでも、

たまに劇場内に笑い声がw

 

すっごく笑えるって訳じゃないんだけど、

やっぱり、米沢守が出てくると嬉しいし、

冠城亘が杉下右京にちょっとたしなめられたりとかって

おなじみの関係が見られると嬉しくて、

そういう嬉しい笑いがけっこう聞けました^^

(あぁ、みんなもうれしいんだな)

って感じられて、それがまた嬉しい私でしたw

 

こういう、場内が一体感につつまれる映画って

そんなにないかもって思った^-^




最後、クーデターの成功を祈ってしまった

今回、犯罪者側に感情移入しすぎちゃった感もあるのですが、

私は最後のほう、クーデターが成功してほしいくらいに

思ってみてました。

 

レイブンの過去も、誘拐されて日本に見捨てられた女の子も

かわいそうだし、

自分の保身や出世のことしか考えていない政府側の人間に対する

静かな怒りみたいのも出てきちゃって…。

 

 

現実に起きちゃったら大変なことだけど、

映画の中だけは、こういった踏みにじられてきた弱い立場の人間の

怒りの刃が一矢報いてもいいんじゃないの?って思ってしまいました。

 

だけど、やっぱり杉下右京さんは

ルールには厳しいというか、

犯罪は絶対に許されないという立場をいつも通り貫いていて、

さらにはびっくりしたけど、

レイブンも。。。。

 

やっぱり私みたいにすぐにやられたらやり返したくなっちゃうような

人間は子供じみた小さな人間なんだなぁって

ちょっと考えさせられるラストでした。

 

でも、あの女の子も言っていたけど、

「レイブンはおかしいよ」

って気持ちを捨てきれないけどね。

 

そこまで日本を愛している人って

どのくらいいるのかな?

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

相棒15の3話よりも前の感想はこちら↓

http://fanblogs.jp/sukisukisukisuki/category_3/

です。

相棒のネタバレありの感想やその他のドラマやアニメ、映画の感想を書いています。

どうぞよろしくお願いします_(_ _)_

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

ブロトピ:今日のブログ更新

ブロトピ:映画の感想を更新しました!

『クズの本懐』_アニメ 5話目「DESTRUCTION BABY」、見た?【ネタバレありの感想】

最近存在感の薄かった麦が実は何もかも知っていたことにびっくりした

このところ、麦あんまりでてこないなーって

思ってたんだよね。

しかも、ちょっと出てきたら、

恋している茜が男と深夜のファミレスで

いちゃついていたのに

全然平気みたいな顔してるし、

皆川茜には、

「憧れの人とはつきあえないから手近なな同級生で

満足している」

みたいなことを陰で言われちゃってて、

なんか情けないなーくらいに思って。

 

でも、実は全部わかっていたうえで、

それでも好きみたいな、

感じで、麦ってある意味スゴイ純愛だなって思った(◎_◎;)

 

 

『クズの本懐』  5話目「DESTRUCTION BABY」、見た?

麦から見た茜と茜が感じる二人の関係

 

麦は花火のことも好きだよね。

それはけっこう最初からそんな雰囲気があったと思う。

そうじゃなかったら、

セックスまではしないってこと

男が言わないと思うんだよね。

責任とりたくないからって場合もあるかもだけど、

高校生で結婚とか考えなくていい身分で、

ちゃんと付き合ってるってことにしているんだから、

それはありえないよね。

だから、やっぱり最初から大切に思ってたと思う。

 

でも、麦は今回、自分の気持ちに初めて気づいたみたいな

感じだったね。

麦からみた花火の性格。

まっすぐで自分勝手で、

思ったこと、相手の気持ちも考えないでハッキリ言うところ。

そういうところ全部わかって、

自分の本当の気持ちを花火には分かってもらえないだろうなって

分かっていて、

それでも、花火の純粋なところに惹かれているのかなって思う。

 

花火は前回、麦は今回、他の人としちゃってたけど、

それがかえって二人の関係に火をつけたみたいになって

お互いのことを求めあっていたね。

最後までイくかと思ったけど、

最後までいこうとしていたけど、

でも、最後までは出来なかったね。

 




皆川茜の異常性

皆川茜は、お兄ちゃんとしちゃったね。

しかもそれを花火にこっそり伝えて

相手を傷つけて楽しむ皆川茜。

 

そういうことしていないと、

毎日が退屈でつまらないみたいだね。

 

自由でいたいとか、

つまらない男は嫌いとか言ってて、

退屈退屈退屈退屈って

皆川茜、ちょっと異常だったよね。

 

こわっ!って

思うところもあったけど、

でも、やっぱり小さい女だなとも思った

すべてを麦に見破られていて、

それでも恥ずかしげもなく

行動が変わらないところが

なんだか小さいなって思うんだよね。

 

 

お兄ちゃん(鐘井鳴海)のことをちょろい男とか、

つまらない男とか心の中でさげすんでいたけど、

(まぁ、たしかにつまらない男だとは思うけどw)

でも、なにより皆川茜がかわいそうな女だなって

感じた。

 

花火の恋が叶ってほしいって気持ちや、

大人としてもっと成長していく姿を見たいっていうのもあるし、

皆川茜に天罰みたいなのが下ればいいとも思うけど、

それだけじゃなくて、

茜にもなにか救いのようなものが訪れたらいいな

ってちょっと思った。

 

正直、花火はお兄ちゃんとの恋が叶わなかったとしても、

麦やえっちゃんといった素敵な恋人や友人が周りにいて、

これからいろんな経験をして素敵な女性になるんじゃないかなぁって思うし、

茜のような人のほうが、

いくら若いって言っても

成長できなそうで、

でも、そういった悪い部分を持っている人っていうか、

出来の悪い人のほうが心配になって感情移入するっていうのかな?

気になってきちゃうかも。




 

ブロトピ:アニメの感想を更新したよ♪